ビックカメラの通販サイトでもビットコイン決済が可能に – AKIBA PC Hotline!

 ビックカメラのネットショップ「ビックカメラ.com」で、仮想通貨「ビットコイン」による決済サービスが開始された。

 ビックカメラではこれまで、全国の店舗ではビットコインによる決済サービスが利用可能だったが、ネットショップは対応していなかった。

 決済上限は1会計につき税込10万円までで、決済はbitFlyer社のシステムを利用する。なお、bitFlyer社以外の取引所からの入金も可能だが、時間内に確定しない場合があるという。その場合は、ビックカメラ.comの注文履歴詳細より、bitFlyer社のメールフォームまで問い合わせる必要がある。

29800円のビックカメラオリジナルノートPCが発売されたニュースが注目を集める – AKIBA PC Hotline!

 1位はamadanaブランドのビックカメラオリジナルノートPC「AT-PC-14HD-BK」が発売されたニュースで、ページビューは約7万6千。

 以下、「Google Homeの期間限定半額セール」、「中古品iPhone 6の税込19,800円セール」、「Google Home Miniの期間限定半額セール」(前回1位)、「18.5型の巨大フォトフレーム発売」の順になっている。

【集計期間 2017年12月4日~2017年12月11日】

<東証>ビックカメラが上場来高値 ボーナス商戦でテレビ好調 :日本 … – 日本経済新聞

(11時、コード3048)7日続伸している。一時前日比69円(4.3%)高い1672円を付けた。2015年7月に付けた1641円を上回り、株式分割調整済みベースで上場来高値を更新した。今冬のボーナス商戦では家電量販店でテレビの販売が伸びている。11月の全店売上高も大幅に増加し、業績の拡大期待から買いが集まった。

 12日付の日本経済新聞朝刊は「今冬のボーナス商戦で高額品の売れ行きが好調」と伝えた。ヨ…

ビックカメラは上場来高値更新、ボーナス商戦でテレビ好調と報じられる … – minkabu PRESS

ビックカメラは上場来高値更新、ボーナス商戦でテレビ好調と報じられる  ビックカメラ<3048.T>は7連騰で実質上場来高値を更新している。きょう付の日本経済新聞で、「今冬のボーナス商戦で高額品の売れ行きが好調だ。百貨店は高級時計や冬物衣料の販売が前年よりも伸び、家電量販店ではテレビなどが好調だ」と報じられており、これを手掛かり材料視した買いが入っているようだ。

 記事によると、家電量販店では有機ELテレビの伸びが目立つとしており、ヨドバシカメラ(東京都新宿区)では4~10日にかけて、金額ベースで7倍売れたと紹介。これを受けて、ビックカメラにも売り上げ好調の思惑が働いているようだ。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

ビックカメラは11月の月次動向や大手証券の目標株価が好感されて高値を更新 – 財経新聞

■11月の月次売上高は前年同月比14.2%増加


 ビックカメラ<3048>(東1)は12日、一段高で始まり、取引開始後に1671円(68円高)まで上げて2年半ぶりに高値を更新した。11日に11月の月次動向(月次売上速報)を発表し、12日は野村證券による目標株価の引き上げが伝えられた。

 11月の月次売上高は前年同月比14.2%増加し、ビックカメラとコジマの合計は同じく12.0%増加した。また、野村證券が目標株価を引き上げ、それまでの1600円から1900円に引き上げたと伝えられた。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】

【編集長の視点】セガサミーHDは続落も今期1Q高進捗率業績見直しに新作ゲーム発売の先取りがオンして押し目買い余地(2017/09/05)

【株式評論家の視点】リコーリースは大規模修繕・改善等の「団地再生ローン」開始が注目(2017/09/05)

【注目銘柄】ナトコは好業績評価して上値試す、17年10月期3Q累計大幅増益で通期増額の可能性(2017/09/13)

【編集長の視点】アグロ カネショウは反落も連続最高純益を手掛かりに割安修正買いが再燃して上値追い有力(2017/09/05)

ビックカメラ/ビットコインの決済上限金額を3倍に拡大 – 流通ニュース

ビックカメラは12月8日、ビックカメラ全店で導入している、仮想通貨ビットコインによる決済サービスで、1会計あたりの上限金額を、現在の10万円から3倍の30万円(相当のビットコイン)に変更した。

<ビットコインサービス>
ビットコインサービス

ビットコインは、今年4月に改正資金決済法が施行された以降、段階的に法整備が進展したことにより、ビットコインユーザーが増加し、ビックカメラにおいても利用件数が急増している。

ビックカメラにおけるビットコイン平均利用単価は、サービスを開始した4月に比べて倍増している。

ビットコイン決済上限金額の10万円での利用件数も、大幅に伸びていることなどから、このたび上限金額を引き上げるという。

現在のビットコイン決済可能店舗は、ビックカメラ40店(全店)、コジマ7店、ソフマップ5店、ビックカメラアウトレットなど10店となっている。

ビックカメラ/身体障がい者に便利な商品を紹介する新サービス – 流通ニュース

ビックカメラとアクティベートラボは12月11日、連携してアクティベートラボが運営する身体障がい者同士がつながるSNS「Open Gate」とビックカメラが運営するインターネットショッピングサイト「ビックカメラ・ドットコム」で、身体障がい者にとって便利な商品を紹介、販売するサービスを開始した。

<新サービスの概要>
新サービスの概要

アクティベートラボが主催する身体障がい者の社会進出をバックアップするプロジェクト「PHYSICAL CHALLENGE 2020」に、ビックカメラが協賛するもの。

ビックカメラが取り扱う豊富な商品から、身体各部位の障がい状況に沿った便利な商品を、アクティベートラボが選定し、「Open Gate」で紹介する。

<Open Gateの紹介ページ>
Open Gateの紹介ページ

選定商品を障がい部位ごとにカテゴライズし、「ビックカメラ・ドットコム」の特集ページにて紹介するとともに、購入までの一連の流れをスムーズにサポートする。

サービス開始時点では、スマートスピーカーや、コードレススティック掃除機、マッサージ器、温水便座など、28点の商品を紹介する。随時、商品の追加・入替を行う予定だ。

<ビックカメラの紹介ページ>
ビックカメラの紹介ページ

Open Gateとは、障がい部位とその状態を示す「身体障害者特化属性」により、身体障がい当事者だけでなく、その家族、介護者、療法士や医療従事者との出会いを促すコミュニティサイトとなっている。

提供サイト
Open Gate

ビックカメラ・ドットコム

「PHYSICAL CHALLENGE 2020」 株式会社アクティベートラボ、株式 … – BIGLOBEニュース

株式会社アクティベートラボ(本社:東京中野区、代表取締役社長:増本 裕司、以下、アクティベートラボ)と、株式会社ビックカメラ(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:宮嶋 宏幸、以下、ビックカメラ)は連携し、アクティベートラボが運営する身体障がい者同士がつながるSNS「OpenGate」、およびビックカメラが運営するインターネットショッピングサイト「ビックカメラ・ドットコム」の両サイトにて、身体障がい者にとって便利な商品を紹介、販売するサービスを、平成29年12月11日(月)より開始いたします。

◆概要
アクティベートラボが主催する身体障がい者の社会進出をバックアップするプロジェクト「PHYSICAL CHALLENGE 2020」に賛同し、協賛企業となったビックカメラとの取り組みです。
ビックカメラが取り扱う豊富な商品から、身体各部位の障がい状況に沿った便利な商品を、アクティベートラボが選定し、「Open Gate」にて紹介いたします。また、選定商品を障がい部位ごとにカテゴライズし、「ビックカメラ・ドットコム」の特集ページにて紹介するとともに、購入までの一連の流れをスムーズにサポートいたします。

◆対象商品
サービス開始時点では、スマートスピーカーや、コードレススティック掃除機、マッサージ器、温水便座など、28点の商品を紹介いたします。また、随時、商品の追加・入替を行う予定です。
※取扱商品の詳細:https://www.biccamera.com/bc/c/topics/opengate/item01.jsp

今後も両社は、障がい者の方々により便利で、豊かな生活を提案できるような社会環境の提供を目指すとともに、当事者の方々や、ご家族の方、関係者の団体・企業様の思いに寄り添って、少しずつ今の日常生活に変化をもたらすきっかけを、関係者の皆様と一緒に作ってまいります。

提供サイト
「OpenGate」https://open-gate.jp/special/contents/365
「ビックカメラ・ドットコム」https://www.biccamera.com/bc/c/topics/opengate/

※「PHYSICAL CHALLENGE 2020」は、アクティベートラボが運営する、身体障がい者が障がい部位で繋がるSNS「OpenGate」を利用したコミュニティを軸に、身体障がい者が自ら行動を起こせる環境を徹底的に考えて働きかけていく取り組みです。
※「OpenGate」とは、障がい部位とその状態を示す「身体障害者特化属性(特許番号6202136号)」により、身体障がい当事者だけでなく、そのご家族、介護者、療法士や医療従事者との出会いを促すコミュニティサイトです。

とろサーモン久保田も言及した「仮想通貨」。いまさら聞けない基礎知識を10分でおさらい – livedoor

 一口に仮想通貨といっても、コインの種類はさまざま。どんな要因で値動きし、またどの程度のリスクを内包しているのか知ることが第一歩になる。ここでは仮想通貨の「いろはのい」を紹介したい。

◆10分でわかる[仮想通貨の基礎知識]

 仮想通貨市場の過熱が止まらない。その代表格であるビットコインの現在の価格は、12月10日現在およそ160万円台前後を推移している。

「今年の初めは10万円台、約15倍以上も値上がりしています。最近では、高確率の的中率を誇る米国のAIが『ビットコインの価格は来年秋には200万円まで上昇する』と予測しましたが、来年秋どころか今年の12月8日にすでにその予想が的中どころか220万円台後半にまで到達してしまいました」

 そう述べるのは、仮想通貨を題材にした著書もあるライターの高城泰氏。特にビットコイン市場において日本は世界一の取引高を誇る。10月の取引量は、1.8兆円にのぼった。

「現在、日本では大量のリスクマネーが仮想通貨市場に流入しています。国策レベルでも仮想通貨やブロックチェーンなど新たな産業のイノベーションを許容する土壌もある」

 と解説するのは、国内大手取引所「コインチェック」COOの大塚雄介氏だ。

◆ビットコイン先物市場の上場でますます価格高騰が進む!?

 追い風はしばらくやみそうにない。

「今年に入り施行された改正資金決済法により、投資家保護の体制が確立されました。12月には、証券取引所を運営する米CMEグループによってビットコイン先物の上場が控えている。これは機関投資家などプロのトレーダーが動かす多額の資金が仮想通貨市場に流入することを意味します。市場拡大に拍車をかけるのは明白」(高城氏)

「通貨」「コイン」といっても、実体を持たない仮想通貨は、あくまでもバーチャルなもの。

「特定の国に属することのないコインの所有権をデジタルでやり取りするイメージです」(高城氏)

 仮想通貨の価格上昇を支える要因は2点。ひとつ目は、実需の拡大だ。

「家電量販店ビックカメラでは、全店でビットコイン決済に対応済み。またDMMや風俗情報サイトマンゾクなど、身近なところでもビットコインが採用されています。利便性の高まりは、追い風になるはず」(高城氏)

 世界的な歌姫・ビョークがビットコイン、ダッシュ、ライトコインで購入できる新アルバムを発売したことも話題になった。アダルトからカルチャー面にまで仮想通貨が広く浸透しているのも興味深い現象だ。

◆今大きく勝っている人はアルトコインで儲けている

 実需を伴いながら、膨張する仮想通貨市場。その最大の魅力はボラティリティにある。

「特筆すべきは、資産の増えるスピード感です。通常、株やFXで億超えするには5年、10年かかると言われますが、仮想通貨では、わずか半年や1年という期間で『億り人』が続出している」(高城氏)

 最近ではレバレッジを利かせたビットコインFXも話題。大きく稼げるチャンスとして、企業やプロジェクトが独自コイン(トークン)を発行することで資金調達を行うICO(Innicial Coin Offering)もある。ただ、より身近なのは「アルトコイン(オルトコイン)」と呼ばれる「ビットコイン以外の仮想通貨」への投資だろう。

「絶対王者であり、基軸仮想通貨として君臨するビットコインを持ち続ける、という投資法は手堅い。が、より利幅を狙うならアルトコインでしょう。今年、時価総額2位のイーサリアムは、1000円から4万円へと40倍に。3位のリップルは1円から一時、50倍にまで値上がりしました。今年に入って誕生した億万長者たちの多くは、このようなアルトコインに資産を傾けています」(高城氏)

洗濯乾燥機が大型化、2日分洗う 洗剤は適量を全自動 – 日本経済新聞

日経トレンディ

 洗濯機に大容量化の波が押し寄せている。2014年までは洗濯容量10kgが最大だったが、15年に日立アプライアンスが11kgの製品を投入。17年にはついに12kgモデルも発売した。4人家族の平均的な洗濯物を2日分、薄手の毛布なら1度に4枚洗える、「コインランドリーいらず」といえる製品だ。しかもサイズは3年前の10kg洗濯機とほぼ同じ。日立を追うように、今では他の3社も容量11kgの洗濯機を投入している。

右グラフは16年11月~17年10月の販売数量による構成比率

 洗濯機は、省スペースの「縦型」と、乾燥性能に優れ、使用水量が少ない「ドラム式」の2種類に分かれる。縦型はさらに、乾燥機能付きと乾燥機能なしに分かれる。販売台数では縦型が多いが、量販店では「乾燥性能を重視する人にはドラム式をお薦めすることが多い」(ビックカメラ)という。

16年11月~17年10月の販売数量による構成比率

 ドラム式は、各社が洗浄力や乾燥性能などで独自性をアピールしている。ここ数年の上位機種では、乾燥時に風を当ててシワが付きにくくする機能や、温水で皮脂汚れを効率的に落とす機能がトレンドだ。

パナソニックのシワ軽減に対応する機能は、○が「ふんわりジェット乾燥」、●が「ジェット乾燥」を示す

■洗剤自動投入、リモートで操作できる

 17年の最注目メーカーはパナソニック。洗濯物の仕上がりとは全く別の、「自動投入」という付加価値を付けた。

「NA-VX9800L」。「自動投入」機能があるのは4機種で、そのうち「NA-VX8800L」以外の3機種が「スマホで洗濯」にも対応する

 本体の上部に液体洗剤と柔軟剤のタンクがあり、ここに洗剤などを入れておくと、洗濯物の量に合わせて自動的に適切な量を投入する。「柔軟剤を入れ過ぎてにおいが残るといったトラブルがなくなるのもメリット」(ビックカメラ)だ。

約36回分の洗剤を入れておける

液体洗剤と柔軟剤をタンクに入れた後に、その洗剤の「水30リットルに対する使用量」を本体の設定画面で指定する

 「NA-VX8800L」以外の3機種にはさらに、出先から洗濯や乾燥の終了時刻を指定して予約できる、「スマホで洗濯」というIoT機能も付く。この機能があれば、朝は洗濯物をドラムに投げ入れて「遠隔」ボタンを押すだけで出かけられる。出先で帰宅時刻を指定すれば、帰る頃には洗濯や乾燥ができている。朝に洗濯時間が取れないユーザーには非常に便利な機能だ。

「スマホで洗濯」機能があれば、家を出る前に洗濯物を投入して「遠隔」ボタンを押すだけ。あとは出先からスマホで終了時刻を指定できる

スマホアプリを使えば、洗剤や柔軟剤の銘柄を直接指定することも可能だ

 日立アプライアンスも洗剤投入に着目した機能を付けたが、アプローチは少し違う。同社の「『洗剤・汚れ』センサーシステム」は、投入した洗剤を自動判別する仕組みで、「季節や洗濯物の種類によって洗剤を使い分けたい」という人向けの機能だ。ドラムの下に電気抵抗を測るセンサーがあり、投入した洗剤が、粉末、液体、濃縮液体のどれかを判定。すすぎの回数などを自動的に変更する。洗剤を入れ過ぎたときにすすぎ回数を増やしたり、汚れがひどいときには洗濯時間を延長する機能も備える。この機能は同社のドラム式3機種の他、縦型4機種にも搭載されている。

左下の「センサーシステム」ボタンを押すと洗剤を自動判別する

「BD-NV110B」。「洗剤・汚れ」センサーシステムはドラム式の上位3機種の他、縦型4機種にも搭載されている

 洗濯機の新製品は9~11月発売が多く、縦型の一部は5~7月にも発売される。「型落ち」を狙うなら、その少し前から値動きをチェックしたい。

(日経トレンディ編集部)

[日経トレンディ2018年1月号の記事を再構成]