静銀、営業店の利便向上 スーパー併設・来店予約 – 日本経済新聞

 静岡銀行は営業店を訪れる顧客へのサービスを強化する。年内に小売業で静岡県内大手のマキヤと組み、同県富士市のスーパーに併設する形で出店する。支店の客が事前にインターネットで来店予約をし、待ち時間なく手続きなどができるようにもする方針だ。17日にはほけんの窓口グループとの共同店舗を同県藤枝市に出す。店舗の利便性に磨きをかけ、顧客の囲い込み・獲得を狙う。

 12月4日に広見支店(富士市)を移転させ、9月…

大井川茶園、雪嶋直通会長が社長兼任へ – 食の情報源

 【静岡】大井川茶園は10月1日付で、雪嶋直通代表取締役会長兼最高経営責任者の社長兼任を発表した。同氏は1年半ぶりの社長復帰となる。同社は99年10月、ダイエー商品部、マキヤ経営執行部を経た雪嶋氏が創業。売上高はここ数年2桁増を続けており、今期は前年比10%増の15億5000万円。今後は、さらなる成長戦略を打ち出し、10年後に上場を目指すとしている。

 (立川大介)

・・・

[全文は電子版会員登録を]

マキヤのフィスコ二期業績予想 – ZUU online

※この業績予想は2017年6月19日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

マキヤ

3ヶ月後
予想株価
690円

ディスカウントストアや業務スーパーなどを展開。静岡県地盤。20年までに売上高1000億円目標。首都圏への積極出店を検討。エスポットのフード部門や業務スーパーが順調。生鮮食品が伸びる。17.3期は小幅増収。

品揃えの充実化などに注力。18.3期は2桁営業増益見通し。エスポット、業務スーパーの新規出店効果が寄与。株価指標は割安感が強く、今期業績計画にも評価余地が残る。株価は17年3月に空けたマド埋めを想定。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.3期連/F予/63,100/560/910/460/43.64/15.00
19.3期連/F予/64,500/610/960/500/47.44/15.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2017/06/19
執筆者:YK

<FA>

マキヤ<9890>のフィスコ二期業績予想
ZUU online の最新記事を
毎日お届けします

【9890】マキヤ : コーポレート・ガバナンスに関する報告書 2017/06/30 – 株経ONLINE

GET ADOBE READER

PDFファイルを表示したり印刷するには、ご使用のコンピュータに「Adobe Reader」が必要となります。 コンピュータにインストールされていない場合は、無償配布の「Adobe Reader」(リンクをクリックすると新しいウインドウが開きます)をダウンロードしてください。

マキヤ 【9890】、今期経常は8%増益へ – 株探ニュース

決算速報

戻る
決算短信PDF

マキヤ&nbsp<9890>【連結】

2017年05月09日15時00分

マキヤ、今期経常は8%増益へ

 マキヤ <9890> [JQ] が5月9日大引け後(15:00)に決算を発表。17年3月期の連結経常利益は前の期比6.2%減の8億3500万円になったが、18年3月期は前期比7.8%増の9億円に伸びる見通しとなった。5期連続増収になる。

 直近3ヵ月の実績である1-3月期(4Q)の連結経常利益は前年同期比44.7%減の8900万円に落ち込み、売上営業損益率は前年同期の0.7%→-0.1%に悪化した。

株探ニュース

前期【実績】







決算期 売上高 営業益 経常益 最終益 1株益 1株配 発表日
     2015.03 56,504 642 911 482 48.3 15 15/05/08
     2016.03 60,059 614 890 558 55.9 15 16/05/06
     2017.03 61,144 487 835 280 28.1 15 17/05/09
前年比 +1.8 -20.7 -6.2 -49.8 -49.7   (%)

※単位:売上高、営業益、経常益、最終益…「百万円」。1株益、1株配は「円」。率は「%」

前期実績と従来予想との比較

前期






決算期 売上高 営業益 経常益 最終益 1株益 1株配 発表日
  予  2017.03 61,500 690 1,000 560 56.09 15 16/05/06
  実  2017.03 61,144 487 835 280 28.09 15 17/05/09
修正率 -0.6 -29.4 -16.5 -50.0 -49.9   (%)

※単位:売上高、営業益、経常益、最終益…「百万円」。1株益、1株配は「円」。率は「%」

※最新予想と従来予想との比較

今期の業績予想



今上期【予想】






決算期 売上高 営業益 経常益 最終益 1株益 1株配 発表日
    16.04-09 30,105 243 395 248 24.9 7.5 16/11/04
  予 17.04-09 30,900 165 330 200 20.0 7.5 17/05/09
前年同期比 +2.6 -32.1 -16.5 -19.4 -19.7   (%)

今期【予想】













決算期 売上高 営業益 経常益 最終益 1株益 1株配 発表日
     2016.03 60,059 614 890 558 55.9 15 16/05/06
     2017.03 61,144 487 835 280 28.1 15 17/05/09
  予  2018.03 63,000 555 900 450 45.1 15 17/05/09
前期比 +3.0 +14.0 +7.8 +60.7 +60.5   (%)

※最新予想と前期実績との比較。予想欄「-」は会社側が未発表。

3ヵ月業績の推移【実績】









決算期 売上高 営業益 経常益 最終益 1株益 売上営業
損益率
発表日
    16.01-03 14,451 98 161 55 5.5 0.7 16/05/06
    16.04-06 15,081 154 227 140 14.1 1.0 16/08/09
    16.07-09 15,024 89 168 108 10.8 0.6 16/11/04
    16.10-12 16,227 264 351 223 22.4 1.6 17/02/07
    17.01-03 14,812 -20 89 -191 -19.2 -0.1 17/05/09
前年同期比 +2.5 赤転 -44.7 赤転 赤転   (%)
※上記の業績表について
  • ・「連」:日本会計基準[連結決算]、「単」:日本会計基準[非連結決算(単独決算)]、「U」:米国会計基準、「I」:国際会計基準(IFRS)、「予」:予想業績、「旧」:修正前の予想業績、「新」:修正後の予想業績、「実」:実績業績、「変」:決算期変更
  • ・[連結/非連結]決算区分の変更があった場合は、連続的に業績推移を追えるように、連結と非連結を混在して表示しています。連結と非連結が混在しない場合は、「連」「単」表記は省略します。
  • ・前期比および前年同期比は、会計基準や決算期間が異なる場合は比較できないため、「-」で表記しています。
  • ・米国会計基準と国際会計基準では、「経常益」欄の数値は「税引き前利益」を表記しています。
  • ・業績予想がレンジで開示された場合は中央値を表記しています。

【注意】「決算速報」「個別銘柄の決算ページ」で配信する最新の業績情報は、東京証券取引所が提供する適時開示情報伝達システム(TDnet)において、上場企業が公表する決算短信と同時に配信されたその企業自身の作成によるXBRL(企業の財務情報を電子開示するための世界標準言語)に基づいたデータをそのまま使用しています。また、業績予想がレンジで開示された場合はレンジの中央値を予想値として採用しています。なお、この配信されたデータには、新興企業を中心に誤ったデータが配信される場合が希にあります。投資判断の参考にされる場合は、より正確な決算短信のPDFファイルを併せてご確認くださいますようお願いします。

【関連記事・情報】

マキヤ、今期経常は8%増益へ – 株探ニュース

決算速報

戻る
決算短信PDF

マキヤ&nbsp<9890>【連結】

2017年05月09日15時00分

マキヤ、今期経常は8%増益へ

 マキヤ <9890> [JQ] が5月9日大引け後(15:00)に決算を発表。17年3月期の連結経常利益は前の期比6.2%減の8億3500万円になったが、18年3月期は前期比7.8%増の9億円に伸びる見通しとなった。5期連続増収になる。

 直近3ヵ月の実績である1-3月期(4Q)の連結経常利益は前年同期比44.7%減の8900万円に落ち込み、売上営業損益率は前年同期の0.7%→-0.1%に悪化した。

株探ニュース

前期【実績】







決算期 売上高 営業益 経常益 最終益 1株益 1株配 発表日
     2015.03 56,504 642 911 482 48.3 15 15/05/08
     2016.03 60,059 614 890 558 55.9 15 16/05/06
     2017.03 61,144 487 835 280 28.1 15 17/05/09
前年比 +1.8 -20.7 -6.2 -49.8 -49.7   (%)

※単位:売上高、営業益、経常益、最終益…「百万円」。1株益、1株配は「円」。率は「%」

前期実績と従来予想との比較

前期






決算期 売上高 営業益 経常益 最終益 1株益 1株配 発表日
  予  2017.03 61,500 690 1,000 560 56.09 15 16/05/06
  実  2017.03 61,144 487 835 280 28.09 15 17/05/09
修正率 -0.6 -29.4 -16.5 -50.0 -49.9   (%)

※単位:売上高、営業益、経常益、最終益…「百万円」。1株益、1株配は「円」。率は「%」

※最新予想と従来予想との比較

今期の業績予想



今上期【予想】






決算期 売上高 営業益 経常益 最終益 1株益 1株配 発表日
    16.04-09 30,105 243 395 248 24.9 7.5 16/11/04
  予 17.04-09 30,900 165 330 200 20.0 7.5 17/05/09
前年同期比 +2.6 -32.1 -16.5 -19.4 -19.7   (%)

今期【予想】













決算期 売上高 営業益 経常益 最終益 1株益 1株配 発表日
     2016.03 60,059 614 890 558 55.9 15 16/05/06
     2017.03 61,144 487 835 280 28.1 15 17/05/09
  予  2018.03 63,000 555 900 450 45.1 15 17/05/09
前期比 +3.0 +14.0 +7.8 +60.7 +60.5   (%)

※最新予想と前期実績との比較。予想欄「-」は会社側が未発表。

3ヵ月業績の推移【実績】









決算期 売上高 営業益 経常益 最終益 1株益 売上営業
損益率
発表日
    16.01-03 14,451 98 161 55 5.5 0.7 16/05/06
    16.04-06 15,081 154 227 140 14.1 1.0 16/08/09
    16.07-09 15,024 89 168 108 10.8 0.6 16/11/04
    16.10-12 16,227 264 351 223 22.4 1.6 17/02/07
    17.01-03 14,812 -20 89 -191 -19.2 -0.1 17/05/09
前年同期比 +2.5 赤転 -44.7 赤転 赤転   (%)
※上記の業績表について
  • ・「連」:日本会計基準[連結決算]、「単」:日本会計基準[非連結決算(単独決算)]、「U」:米国会計基準、「I」:国際会計基準(IFRS)、「予」:予想業績、「旧」:修正前の予想業績、「新」:修正後の予想業績、「実」:実績業績、「変」:決算期変更
  • ・[連結/非連結]決算区分の変更があった場合は、連続的に業績推移を追えるように、連結と非連結を混在して表示しています。連結と非連結が混在しない場合は、「連」「単」表記は省略します。
  • ・前期比および前年同期比は、会計基準や決算期間が異なる場合は比較できないため、「-」で表記しています。
  • ・米国会計基準と国際会計基準では、「経常益」欄の数値は「税引き前利益」を表記しています。
  • ・業績予想がレンジで開示された場合は中央値を表記しています。

【注意】「決算速報」「個別銘柄の決算ページ」で配信する最新の業績情報は、東京証券取引所が提供する適時開示情報伝達システム(TDnet)において、上場企業が公表する決算短信と同時に配信されたその企業自身の作成によるXBRL(企業の財務情報を電子開示するための世界標準言語)に基づいたデータをそのまま使用しています。また、業績予想がレンジで開示された場合はレンジの中央値を予想値として採用しています。なお、この配信されたデータには、新興企業を中心に誤ったデータが配信される場合が希にあります。投資判断の参考にされる場合は、より正確な決算短信のPDFファイルを併せてご確認くださいますようお願いします。

【関連記事・情報】

目撃者 100人以上が亡くなったシリアでの自爆テロの瞬間をビデオに【動画】 – Sputnik 日本

スプートニク日本

映像には、バスに戻る人たちの姿がまず映し出され、そのすぐあとに爆発音が轟渡るシーンが収められている。

4月15日、ラシディン地区のガソリンスタンド付近、過激派戦闘員に包囲されているシーア派村落フアとケフラヤ(イドリブ県)からの避難民を乗せた複数のバスが停車していた場所のすぐ近くで、自爆テロ犯が爆発物を作動させた。

日曜日明らかになったところでは、この爆発による死者は、112人にも達している。

【材料】東理ホールディングスのフィスコ二期業績予想 – 株探ニュース

市場ニュース

戻る

2017年04月11日19時58分

【材料】東理ホールディングス<5856>のフィスコ二期業績予想

東理HD <日足> 「株探」多機能チャートより

東理ホールディングス5856>3ヶ月後
予想株価
60円

食品流通事業が主力。酒類製造事業や教育関連事業なども展開。ダイカスト事業は売却。事業ポートフォリオの再構築を推進。食品流通事業やリフォーム関連事業は堅調。17.3期3Qは教育関連事業の苦戦等が響く。

17年3月にウィッツ青山学園高等学校は閉校。18.3期は食品流通事業が業績牽引。テスト関連事業は持ち直しの兆しも、教育関連事業は低調。一部懸念材料も残り、収益回復期待は高めづらく、当面の株価はもみ合いか。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
17.3期連/F予/17,410/325/330/-120/-/2.00
18.3期連/F予/17,200/550/560/300/3.45/3.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2017/03/30
執筆者:YK

《FA》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

東理ホールディングスのフィスコ二期業績予想 | 個別株 – 株探 … – 株探ニュース

市場ニュース

戻る

2017年04月11日19時58分

【材料】東理ホールディングス<5856>のフィスコ二期業績予想

東理HD <日足> 「株探」多機能チャートより

東理ホールディングス5856>3ヶ月後
予想株価
60円

食品流通事業が主力。酒類製造事業や教育関連事業なども展開。ダイカスト事業は売却。事業ポートフォリオの再構築を推進。食品流通事業やリフォーム関連事業は堅調。17.3期3Qは教育関連事業の苦戦等が響く。

17年3月にウィッツ青山学園高等学校は閉校。18.3期は食品流通事業が業績牽引。テスト関連事業は持ち直しの兆しも、教育関連事業は低調。一部懸念材料も残り、収益回復期待は高めづらく、当面の株価はもみ合いか。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
17.3期連/F予/17,410/325/330/-120/-/2.00
18.3期連/F予/17,200/550/560/300/3.45/3.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2017/03/30
執筆者:YK

《FA》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

マキヤ<9890>のフィスコ二期業績予想 – まぐまぐニュース!

マキヤ

3ヶ月後

予想株価

750円

ディスカウントストアや業務スーパーなどを展開。静岡県地盤。20年までに売上高1000億円目標。首都圏への積極出店を検討。マミーや業務スーパーは順調。生鮮・加工食品が堅調。17.3期3Qは小幅増収。

18.3期もディスカウントストアやマミーは堅調か。エスポット淵野辺店が通期寄与。競合店対策などが利益面の重しに。順調な売上拡大、PBRの水準訂正余地の大きさを背景に、当面の株価は出遅れ修正継続か。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当

17.3期連/F予/61,500/690/1,000/560/53.13/15.00

18.3期連/F予/62,500/730/1,040/580/55.03/15.00

※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2017/03/30

執筆者:YK