ピクスタ、音素材の販売を開始–写真、イラスト、動画を含めた総合素材サービスに

 ピクスタは10月16日、同社が運営するデジタル素材のマーケットプレイス「PIXTA(ピクスタ)」において、BGM、効果音、歌など約8万点の「音楽素材」の販売を開始すると発表した。

 同社によると、スマートフォンやタブレットなどのデバイス普及と動画広告市場の拡大に伴い、ゲームや動画コンテンツに付随する音楽素材の需要も急速に高まっているという。総務省の調査では、2014年度の映像系ソフト市場規模は6.2兆円(そのうち制作費は2.2兆円)。一般的に映像やゲーム制作における音楽制作予算は10%程度とされており、音楽素材に関わる市場規模は2000億円程度と推計されている。

 また、近年ではYouTubeなどの動画配信プラットフォームの拡大やSNSなどによるライブ動画配信サービスの人気が高まっており、企業のプロモーション活動だけでなく、個人の動画配信も活発化している。しかし、動画に用いる楽曲や効果音は個人で制作するにはハードルが高く、手軽に利用できる楽曲サービスの需要が高まっているという。

 こうした市場背景と顧客のニーズから、2016年11月に音素材マーケットプレイス「Audiostock(オーディオストック)」を運営するクレオフーガと資本業務提携契約を締結。音楽素材販売において協業するに至った。Audiostockで販売中の約8万点の音楽素材を、PIXTAでも販売する。

 価格については、「効果音」と「音声・ボイス」が税込540円(均一)。「BGM」は、税込1080円、2160円、3240円を用意。また、「歌」については、税込3240円、4320円、5400円、7560円、1万800円、2万1600円、3万2400円、4万3200円、5万4000円の9種類が設定されている。これらはすべて、商用・非商用を問わずに使用できるため、YouTubeなどでの利用も可能。

 なお、使用用途、ボーカルの性別、メイン楽器、楽曲のイメージや、再生時間、テンポといった要素から絞り込んでの検索も可能。同社では、2018年度内の音楽素材購入者1000人を目指し、さらなる音楽素材の拡大や一般投稿受付についても検討する方針だという。

G-GEAR、i7-8700Kとゲーミングマザーのデスクトップ – SSDアップグレードも

TSUKUMOブランドでPCおよびPC周辺機器を販売するヤマダ電機グループのProject Whiteは10月13日に、ゲーミングPCブランド「G-GEAR」において第8世代Intel Coreプロセッサを搭載したBTOデスクトップPC「G-GEAR GA7J-J92/ZT」を発売した。税別価格は219,800円から。

「G-GEAR GA7J-J92/ZT」(キーボード、マウス、液晶ディスプレイはオプション)

6コア12スレッドの最新CPU、Intel Core i7-8700K(3.70GHz)や、ASUS製の最新ゲーミングマザーボード「TUF Z370-PLUS GAMING」を採用している。2017年10月16日現在、基本構成では240GB SSDのストレージが、500GB SSDに無料アップグレードされるキャンペーンを実施中だ。

そのほか基本構成時の主な仕様は、チップセットがIntel Z370、メモリが16GB PC4-19200、グラフィックスがNVIDIA GeForce GTX 1080、ストレージ(SSDアップグレード時)が500GB SSD + 2TB HDD、光学ドライブがDVDスーパーマルチ、電源が700W(定格650W) 80PLUS BRONZE認証、OSがWindows 10 HOME 64bitなど。

謎の偽サイト「LINE COIN」、LINEが注意喚起

LINEは10月16日、同社が運営する仮想通貨事業「LINEコイン」を装ったサイト「LINE COIN」について、LINEの公式Twitterアカウントから注意を呼び掛けた。LINEによると、「LINE COIN」はLINEが提供するサービスとは無関係とのことだ。

一見するとLINEの公式Webサイトに見えるが、LINEとは無関係

LINE COINのWebサイトを訪れると、LINEが運営するWebサイトであるかのような仕様となっていた。サイト上部にある「Login」というメニューをクリックすると、コニーとブラウンが出迎えるログイン画面が出現する。ログインさせてユーザーのアカウント情報を盗む詐欺の可能性もある。

ログイン画面もしっかりと用意されている

LINEに話を伺うと、LINE COINのWebサイトに掲載されている写真やイラストはすべて無断転載。対抗措置について、警察を含めた捜査機関と検討中とのこと。なお2017年10月16日19時の時点で、LINE COINのWebサイトが原因の被害報告は受けていないという。

さあ、新しい「仮面ライダー」を始めようか – 東映・大森Pが語るエグゼイドとビルドの”二か年計画”

『仮面ライダーエグゼイド』が10月15日に開催されたステージイベントでファイナルを迎えた。劇中に登場するライダーたちは発表当初、歴代でも「これってライダーなの!?」と物議を醸したビジュアルだったが、終わってみれば脚本・高橋悠也氏の手がける巧みなストーリーに乗せられちゃった視聴者が続出。従来のライダーファンに加えて新たなファン層を獲得し、派生作品、アイテムを含めてビジネス面でも成功を収め大団円となった。

そして現在、『エグゼイド』の勢いそのままに最新作『仮面ライダービルド』を放送(毎週日曜あさ9:00~9:30)。本作では、「悪の組織」「人体実験」といった原点『仮面ライダー』の要素を媒介にしながら、新たなライダーの世界が作り出されている。今年はイベントでもエグゼイドとビルドによる「バトンタッチ会」が行われ、映画『劇場版 仮面ライダーエグゼイド トゥルー・エンディング』でも謎が残されるなど、従来になかった結びつきが見られた。

東映の大森敬仁プロデューサー 撮影:宮川朋久

2作品でプロデューサーを務めているのは、東映の大森敬仁氏。ライダー・戦隊シリーズで多くの作品に携わり、『仮面ライダードライブ』(2014~2015年)でチーフプロデューサーに。一つ間をおいて『エグゼイド』『ビルド』と連続で作品を担当するが、近年一人のプロデューサーが連投することは珍しくなっている。『ドライブ』が完成したときに”仮面ライダーとは何か”という意味を知ったという大森氏は、『エグゼイド』『ビルド』は”二か年計画”だったと振り返る。新たなライダーをめぐるプロジェクトはどこへ向かうのか、大森氏を直撃した。

――まずは『エグゼイド』の見事な完結について。テレビ最終回よりも早く映画でトゥルー・エンディングを見せ、やがてテレビの最終章で「え、これって本当に映画につながるの?」と思わせながら最後の最後で全部つなげてみせる手法は非常に斬新でお見事でした。この仕組みを思いつき、実行に移した経緯とは。

そういっていただくと大変うれしいですね。最初は、今回のテレビシリーズが8月いっぱいで終わっちゃうというところが発端になっています。

――8月に終わるというのはいつごろ決まっていたのですか?

決まったのは映画を撮る直前くらいだと思います。そこで、8月いっぱいで終わるとすると、これは今までにないチャンスだと考えました。テレビが最終回を迎える時に、もう映画をやっているので、その今回だけの条件を生かさない手はない。”真のエンディング”という表現をしましたけど、「映画で最終回をやる」というのは今回の企画としてなによりも正解なんじゃないかと思いました。

そうしてまずガワだけを決めて、内容は3月くらいから考え始めました。その時はまだ、テレビのエンディングと映画のエンディングを別のもの、パラレル的なものにすることを考えていたり、映画が公開される8月頭の時間軸で、テレビから枝分かれしたエンディングを見せるという企画もありました。

それから脚本の高橋さんに2、3回映画のプロットを書いていただいた後だと思うのですが、テレビの話も映画の話も汲んだ上で”最終回後”の話を見せれば本当に”真のエンディング”になる。それがいいんじゃないかという話をしました。

テレビシリーズを作る上でも、映画の公開週に見た人の見心地を多少気にしないとマズイので、その時点でのライダーたちの関係性は変えず、ただ少し内容としてはつながらない、違和感が残るようにしています。8月毎週の放送を見ていくと徐々につながっていく、徐々に”味が変わっていく”ようにすることはできないかという狙いで、それを踏まえて細かいところを高橋さんが詰めていってくれた感じです。テレビを書くときには僕らももう映画のエンディングがわかっていたので、逆算して「ここでこの要素を入れるとつながるだろう」という話はしていました。

ドスパラ、10月21日から31日まで秋葉原で店舗改装セールを開催

ドスパラは10月21日に、東京・秋葉原の「ドスパラ秋葉原本店」「ドスパラ秋葉原別館」をリニューアルする。これを記念して10月21日から31日まで「ドスパラ 秋葉原店舗改装セール」を開催すると発表した。PC本体や周辺機器などを特別価格で販売する。

ドスパラではより専門性を高めた店舗体制への移行を目的として、秋葉原地区の店舗をリニューアルする。ドスパラ秋葉原本店では、PC本体やPC周辺機器、PCパーツ、VRコンテンツ体験施設「VRパラダイス」を展開。一方の秋葉原別館では、上海問屋や中古買取、サポートの受付を行う。10月12日から20日までの期間、上記店舗を順次休業し、21日からは新たな店舗構成で営業を開始する。

改装セールでは、Intel Core i7-7700、NVIDIA GeForce GTX 1060 6GB搭載のゲーミングPC「GALLERIA XT」を通常価格から5,000円引きの税別139,980円、Intel Core i5-7500、NVIDIA GeForce GTX 1050搭載のミニタワーPC「Magnate MS」も同じく5,000円引きの税別84,980円で販売するほか、BenQ製24型ディスプレイ「RL2455」を税別9,250円で提供するなど告知されている。いずれも限定で、販売にあたって整理券の配布方法やセール期間中のイベント情報は10月20日にあらためてアナウンスするとしている。

また、10月13日から22日まで公式Twitterアカウント(@dospara_web)でプレゼントキャンペーンを実施している。公式Twitterアカウントをフォローし、キャンペーンの告知ツイートをリツイートした人の中から抽選で1名にNVIDIA GeForce GTX 1070搭載グラフィックスカード「Palit GeForce GTX1070 Super JetStream」をプレゼントする。

王子様を夢見るOLが、上司と秘密のオフィスラブ「上司は悪女を逃がさない」

「上司は悪女を逃がさない」1巻

雨宮榮子「上司は悪女を逃がさない」の単行本1巻が、本日10月16日に発売された。

「上司は悪女を逃がさない」は、純情なOLと裏の顔を持つイケメン上司の関係を描くオフィスラブ。少女マンガや恋愛ドラマが大好きなOL・岸本琉里は、社内にいるカップルを眺めて妄想するのが毎日の楽しみ。しかし目つきが悪いせいか、いつしか同僚からカップルの仲を引き裂こうとする悪女だと誤解を受けていた。そんなある日、新しく会社にやってきた上司・秋吉志信は、「顔よし・スタイルよし・おそらく仕事もできる」と琉里にとって理想的なヒーロー。秋吉が誰とくっつくことになるのか注目していた琉里だったが、いつの間にか彼に翻弄されて……。同作はプチプリンセス(秋田書店)にて連載中だ。


本記事は「コミックナタリー」から提供を受けております。

著作権は提供各社に帰属します。

WPA2の脆弱性「KRACKs」公開、多数のWi-Fi機器に影響の恐れ

 Wi-Fi認証の「Wi-Fi Protected Access II」(WPA2)に関する脆弱性の詳細な情報が10月16日、特設サイトで公開された。脆弱性は全部で10件あり、この脆弱性には「KRACKs」(key reinstallation attacks:鍵再インストール攻撃)という通称が与えられた。

 情報を公開したベルギーのルーヴェン・カトリック大学のセキュリティ研究者、Mathy Vanhoef氏によると、一連の脆弱性はクライアント機器がWi-Fiのアクセスポイント(AP)と接続する際における「4ウェイ・ハンドシェイク」という処理に起因する。


「4ウェイ・ハンドシェイク」の流れ(Mathy Vanhoef氏、Frank Piessens氏の研究論文より抜粋)

 4ウェイ・ハンドシェイクでは、クライアント機器がAPとの間で暗号化通信を行うために、認証や暗号鍵などに関するメッセージを複数やりとりする。その際にメッセージが失われたり、削除されたりする場合があり、APからクライアントに対してメッセージを再送信する。この時、クライアントが受信する暗号鍵が再インストールされ、やりとりしたパケットなどの情報がリセットされる。

 攻撃者は、この仕組みを悪用して細工したメッセージを送り付ける手法などにより、暗号化されたパケットを復号して内容を盗聴したり、攻撃コードを埋め込んだり、ユーザーを不正サイトに誘導したりするといった、さまざまな攻撃を実行可能だという。

 WPA2は、現在のWi-Fi暗号化通信における認証でセキュリティレベルが高いとされていることから、世界中で広く利用されている。Vanhoef氏は、この問題がWPA2の仕様によるものであり、個別の製品やその実装が原因ではないと解説。WPA2をサポートする大半の機器に影響が及ぶ可能性があり、WPA2が正しく実装された機器では影響を受ける可能性が高いという。

 初期調査では、AndroidやLinux、Apple、Windows、OpenBSD、MediaTek、Linksysなどの製品で攻撃の影響を受けることが判明した。Vanhoef氏は、Android 6.0(Marshmallow)を搭載するデバイスで脆弱性の悪用を実証し、特にLinuxで広く普及しているWi-Fiクライアントの「wpa_supplicant」のバージョン2.4以上が致命的だと指摘。Android 6.0以降のバージョンは、Android全体の約41%を占めている。

 脆弱性に関する情報は、今回の公表に先立って米US-CERTなどに提供され、8月下旬にUS-CERTからWi-Fi機器メーカーなどにも提供されている。脆弱性を修正するには、各メーカーが機器ごとに提供するパッチを適用しなければならないが、多くの機器で提供されるまでに、長い時間がかかるとみられる。

 Vanhoef氏の見解では、HTTPSやVPNなど別の手段でも、この脆弱性を悪用する攻撃に対して十分な保護にはなりづらいという。現状でユーザーは、WPA2を介したWi-Fiの利用を慎重に行い、メーカーからパッチが提供されれば、速やかに適用すべきとしている。また今回、WPA2の危険性が指摘されたからといって、既にクラッキングが可能なWEPなど古い認証方式を利用すべきではないともアドバイスしている。

 Vanhoef氏らの研究者グループは、脆弱性悪用の概念実証のためのスクリプトも公開している。Wi-Fi Allianceは16日、今回の脆弱性問題についてスクリプトを活用した脆弱性検査テストの準備を進めていることを明かし、機器メーカーらと協力して迅速に対処すると表明した。

Surface Proロードテスト・第1回 – どれだけ使える? 気になるバッテリーの持ち具合

Surface Proが日本で発売されたのは2017年6月15日。かれこれ4カ月ほど経つ。筆者は発売日の当日に購入し、記者会見でのテキスト入力や、喫茶店での原稿執筆・フォトレタッチなどに使ってきた。購入したモデルはCore i7・8GBメモリ・256GBストレージという構成だが、1つ前に使っていたSurface Pro 4 Core i3モデルと比べてパフォーマンスはもちろん向上。

今回から全5回の予定で、新Surface Proを使ってきて気になっている点や、改めて感心した点をお伝えしていきたい(便宜上、新Surface Proと記述)。冬のボーナス商戦前というやや中途半端な時期ではあるが、購入を検討している読者諸氏にとって少しでも参考になれば幸いだ。

新Surface Proに乗り換えて最初に感じたのは、バッテリーの持ち具合だ。下図はPowercfgコマンドを用いてバッテリー消耗度を示したグラフである。8月7日は新Surface Proを充電満タンの状態で、とある発表会に出席し、会場で電源を入れた。スマートフォンのテザリングを利用しながら、電源モードを「バッテリー節約機能」に切り替え、秀丸エディタとATOK 2017を約1時間使っている。

数値で見ると、1時間3分で約20%の消費となった。スペック上は「最大13.5時間の動画再生が可能」だが、やや消費が大きい。単純に計算すると、5時間しか持たない程度だ。上記のシーンでは、約1時間、キーを叩き続け、登壇者の発言ほぼをすべてテキストとして入力している。10回の更新で自動保存するという秀丸エディタの設定なので、ストレージのアクセスが頻繁に発生し、このような結果になったのだろう。また、バックグラウンドで大量の通信が発生していた可能性もある(ここをチェックしなかったのは失敗)。

Surface Proのバッテリー消費具合を示したグラフ
通知領域の電源アイコンをクリックすると現れるフライアウトメニューで、電源モードを切り替えられる

8月7日のグラフに若干の切れ間があるのは、帰宅してACアダプターに接続しているからである(後から外した)。撮影した写真などをOneDriveと同期させるため、電源モードを「最も高いパフォーマンス」に変更したのだが、バッテリーの減りはテキスト入力時よりも緩やかだ。

ちなみに、バッテリー節約機能を選択していると、OneDrive同期は遅々として進まず、約200MBのファイルアップロードに数十分以上かかってしまう。バッテリー残量との兼ね合いもあるが、データのアップロードやOneDrive同期を急ぐときは、一時的に電源モードを「最も高いパフォーマンス」にするとよい。OneDriveの同期処理を終えてから、「推奨」などに切り替える。

筆者の環境では、バッテリー消費ベスト3は「Firefox」「OneDrive」「エクスプローラー」のようだ

8月8日も取材だったが、上記と似たような環境で使用し、数値では1時間6分で約18%を消費。ただ、この日は別部屋に移動して撮影しながら新Surface Proでメモ書きをしていたため、アクティブ状態とConnected standbyを行き来している。その後も移動中の電車内で原稿を書いており、最終的にバッテリー残量は30%になった。Surface Pro 4時代だと、取材終了後の執筆は電源確保が絶対条件だったが、新Surface Proであれば「半日は持つ」感覚で使用できる。ちなみに筆者の使い方では、新Surface Proのバッテリー駆動時間は、12時間が限界のようだ。

バッテリーとは直接関係ないが、新Surface Proには使用中に意図せず休止状態に入るバグがある。購入直後から何度も発生し、悩ませられてきた。MicrosoftはSystem Aggregatorファームウェアアップデートを7月上旬にリリースしているが、そのとき試した限りでは、OSがWindows 10 Insider Previewのためか適用できなかった。今回改めて確認したところ、8月中旬にファイルを更新したらしく、適用することができた。本稿執筆時点で公式ページは新Surface Proに関する情報を含んでいないため、同様のトラブルが発生した場合は、先のリンクからアップデートを適用してほしい。

Surface Proのアップデートプログラム。完了後は再起動を求められる
System Aggregatorは初期状態の「233.1763.256.0」から「233.1763.257.0」へ更新された

今回は新Surface Proのバッテリー時間に注目したが、ファンレス本体のCore m3モデルやCore i5モデルなら、異なる結果になったかもしれない。筆者が確認した限り、バッテリー容量はSurface Pro 4が38,000mWh(ミリワットアワー)、新Surface Proが45,000mWhだった。とにもかくにも、バッテリーの増量は正義だ。

阿久津良和(Cactus)

「はいからさんが通るの世界」アニメファンブックに大和和紀インタビューなど

「はいからさんが通るの世界」

大和和紀原作によるアニメ「はいからさんが通る」のファンブック「はいからさんが通るの世界」が、本日10月16日に宝島社から発売された。

「はいからさんが通るの世界」では、原作者・大和を取材したロングインタビューを掲載。読者から登場人物のファッションを褒められることが多かったが、連載当時は余裕がなく「なんでもいいから描いといて!」と着物の柄などはアシスタントに丸投げすることも多かったというエピソードなど執筆秘話が語られている。またマンガ版のカラーイラストを集めたギャラリー企画も展開。テレビアニメ版の全話解説、キャラクターガイド、設定資料、登場曲や大正時代の風俗を解説した記事ページなども収録されている。


本記事は「コミックナタリー」から提供を受けております。

著作権は提供各社に帰属します。

[ONE PIECE]コミックスの世界累計発行部数4億3000万部に

「ONE PIECE」のコミックス累計発行部数「4億3000万部」が明かされた集英社の新刊企画発表会

 尾田栄一郎さんの人気マンガ「ONE PIECE(ワンピース)」(集英社)のコミックスの世界累計発行部数が4億3000万部を突破したことが16日、同社の新刊企画発表会で明らかになった。うち海外での発行部数は7000万部となる。

 同社の「週刊少年ジャンプ」編集部・中野博之編集長はコミックスの部数について「(主人公の)ルフィの懸賞金の額と同じ5億(部)に伸ばす形で報告できることを確信しております」と今後に自信を見せた。

 「ワンピース」は、手足などがゴムのように伸びる麦わら帽子の青年ルフィが、海賊王を目指して仲間とともに大海原を冒険するという物語。1997年から「週刊少年ジャンプ」で連載され、99年からテレビアニメが放送されている。


本記事は「まんたんWEB」から提供を受けております。

著作権は提供各社に帰属します。