左右非対称デザインのCORSAIR製PCケースの強化ガラス版

CORSAIR「Carbide SPEC-04 Tempered Glass」

2017年10月11日 23時05分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

 CORSAIRから、フロントパネルの左右非対称デザインが特徴的なミドルタワーPCケース「Carbide SPEC-04」の強化ガラスモデル「Carbide SPEC-04 Tempered Glass」が発売された。



フロントパネルの左右非対称デザインが特徴的なミドルタワーPCケース「Carbide SPEC-04 Tempered Glass」

 「Carbide SPEC-04 Tempered Glass」は、「Carbide SPEC-04」で採用されていた透明アクリルサイドパネルが、新たに強化ガラスに変更されたモデル。カラーはレッドのみとなる。

透明アクリルサイドパネルが、新たに強化ガラスに変更された

 基本スペックに変更はなく、ベイ数が3.5インチシャドウ×3、2.5インチシャドウ×2。冷却ファンは、フロント120/140mm×2(120mmレッドLEDファン搭載)、リア120mm×1、トップ120mm×2で、ラジエーターはフロントが最大140mm、リアが120mmを搭載可能。



内部はスタンダードな作り。ボトムには着脱可能なダストフィルターを装備する

 拡張スロットは7段で、ビデオカードは長さ370mm、CPUクーラーは高さ120mm、電源ユニットは奥行き225mmまで対応する。サイズは、96(W)×484(D)×433(H)mm、重量約5.3kg。I/OポートはUSB 3.0×1、USB 2.0×1、マイク×1、ヘッドホン×1。

 価格は8797円。ツクモパソコン本店とTSUKUMO eX.で販売中だ。

【関連サイト】

【取材協力】



カテゴリートップへ


スポーツカーのコーティング技術を使った静音ケース

SHARKOON「AM5 Silent RED」、「AM5 Silent BLUE」、「AM5 Silent TITANIUM」

2017年10月06日 23時17分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

 SHARKOONから、フロントパネルに自動車のカーコーティング技術を流用し、高級スポーツカーのような光沢ある艶やかなカラーを実現したミドルタワーPCケース「AM5 SILENT」シリーズが発売された。



スポーツカーのような光沢ある艶やかなカラーを実現したミドルタワーPCケース「AM5 SILENT」シリーズ。写真はイン○レッサのような印象ブルー

 特徴はなんといっても鮮やかなフロントパネルのデザイン。レッド「AM5 Silent RED」、ブルー「AM5 Silent BLUE」、チタン「AM5 Silent TITANIUM」の3モデルをラインナップする。

こちらはチタン「AM5 Silent TITANIUM」

 ケース本体は、防音シートがフロント、トップ、両サイドに貼付けられた静音仕様。ボトム部に電源カバーを備える内部は、ベイ数が3.5インチシャドウ×1、2.5/3.5インチ×2、2.5インチシャドウ×2で、拡張スロットは7段。冷却ファンは、フロント140mm×2もしくは120mm×3(140mm×2標準搭載)、リア120mm×1(標準搭載)。



フロント、トップ、両サイドに防音シート装備。重量は8.2Kgでズシリと重い

 ビデオカードは長さ400mm、CPUクーラーは高さ167mm、電源ユニットは奥行き205mmまで対応。ラジエーターはフロント部に360mmサイズ(厚さ55mm)が搭載可能。



価格は1万980円(税抜)と仕上がりのわりには強気の設定。静音ケースのひとつとして覚えておくといいだろう

 価格は1万980円(税抜)。ドスパラ パーツ館やツクモパソコン本店、ツクモDOS/Vパソコン館、TSUKUMO eX.で販売中だ。

【関連サイト】

【取材協力】



カテゴリートップへ


パーツと同期して光るGIGABYTEのゲーミングケース

GIGABYTE「GP-AC300W」

2017年10月03日 23時16分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

 GIGABYTE「AORUS」ブランドから、ミドルタワーPCケース「GP-AC300W」が発売された。サイドパネルに透明アクリルウィンドウを採用したゲーマー向けモデルだ。

GIGABYTEとしては珍しいミドルタワーPCケース「GP-AC300W」が発売。フロントや電源ユニットカバーのロゴは「RGB FUSION」により多彩なカラーオプションとライティングエフェクトに対応した

 「GP-AC300W」は、GIGABYTEのゲーミングブランド「AORUS」シリーズに属するPCケース。サイドパネルに透明アクリルウィンドウを採用し、内部に搭載したパーツを魅せられる。またビデオカードは、垂直に取り付けることも可能だ。ただし、ライザーケーブルは付属していない。

 またフロントI/Oには、LEDコントロールやオーディオポートのほか最新のUSB Type-Cを含む3つのUSBポートを装備。加えて、VR接続用のHDMIポートを備え、AORUS VR Link接続に対応する。

内部は今どき仕様。拡張カードは最長400mm、CPUクーラーは全高170mm、電源ユニットは最長180mmまで対応する

 そのほか、フロントや電源ユニットカバーのロゴは、「RGB FUSION」により多彩なカラーオプションとライティングエフェクトに対応。関連パーツと同期して発光させて楽しむこともできる。



残念ながら実機の展示はないが、ドスパラ パーツ館では在庫販売中

 基本スペックは、全体サイズが211(W)×458(D)×469(H)mm、ベイ数は3.5/2.5インチ共用ベイ×2、2.5インチベイ×3。冷却ファンはフロントとリアそれぞれに120mm×1を標準装備するほか、フロント140mm×2/120mm×3、トップ140mm/120mm×2、リア140mmm/120mm×1を追加搭載可能。

 価格は1万9418円。ドスパラ パーツ館で販売中だ。

【関連サイト】

【取材協力】



カテゴリートップへ


Ryzen + GTX 1070のゲーミングベア「MAGNUS ER51070」が発売開始!

ZOTAC「MAGNUS ER51070」

2017年09月28日 23時55分更新

文● 山県 編集●ASCII編集部

 デビュー以来、好調な売れ行きをみせるRyzenを採用したベアボーンキット「MAGNUS ER51070」(型番:ZBOX-ER51070-J)がZOTACから発売された。ビデオカードにデスクトップ版のGeForce GTX 1070を搭載するハイエンドモデルだ。



「Ryzen 5 1400」を採用する初のベアボーンが登場。ビデオカードにデスクトップ版のGeForce GTX 1070を搭載するゲーミングモデルに仕上がっている

 「MAGNUS ER51070」は、本体サイズ225(W)×203(L)×128(H)mmの筺体内部に、「Ryzen 5 1400」(4コア/8スレッド/クロック3.2GHz/ブーストクロック3.4GHz/キャッシュL2キャッシュ2MB+L3キャッシュ8MB/TDP65W)や、GeForce GTX 1070搭載モデルを搭載するハイエンドベアボーンキット。Ryzenを採用したという点でも、注目の製品だ。

本体サイズ225×203×128mm。メモリとストレージ、OSを別途用意する必要がある

 内部にはチップセットにA320を採用した小型マザーボードのほか、ブロアータイプの冷却ファンを装備した「Ryzen 5 1400」を搭載。その上に、デスクトップ向けでショートサイズ仕様のGeForce GTX 1070搭載カード(GDDR5 8GB)を実装するという構造。VR環境をはじめ、4Kクラスの超高解像度モニターやマルチモニター環境でも十分なゲーミング体験を実現してくれる。



VGAにはデスクトップ向けでショートサイズ仕様のGeForce GTX 1070搭載カード(GDDR5 8GB)を採用。また、付属の330W ACアダプタはかなり大きい

 メモリーはDDR4-SO DIMM×2で、2.5インチシャドウベイとM.2(SATA/Gen3×4)を各1基、デュアルギガビットLAN(Realtek)、Wi-Fi IEEE 802.11b/g/n/ac+Bluetooth 4.2(Intel)を搭載。グラフィックス出力機能としてHDMI 2.0b×1、DisplayPort 1.4×3、DualLink-DVI-D×1。そのほかUSB3.1 Gen2(Type-A+Type-C)、USB3.0×4、SDXCスロット×1を備える。



リアのインターフェイス類。映像出力端子には3つのDisplayPortと1つのHDMI、1つのDVI-Dを装備しており最大4画面出力をサポートする

 付属品はACアダプタ(330W)、Wi-Fiアンテナ、ユーザーマニュアル、クイックスタートガイド、ドライバーインストールキット。価格は16万2000円で、パソコンショップアークやツクモパソコン本店で販売中だ。

【関連サイト】

【取材協力】



カテゴリートップへ


意外とレア? ATXが搭載できるスリム型PCケース

サイズ「SARA4」

2017年09月22日 23時11分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

 サイズから、ATXフォームファクターのマザーボードが搭載可能なスリム型PCケース「SARA4」が登場。今日22日から販売がスタートしている。



ATXフォームファクターのマザーボードが搭載可能なスリム型PCケース「SARA4」

 「SARA4」は、サイズ100(W)×465(D)×360(H)mmというスリム型ながら、ATX対応マザーボードが搭載できるのが特徴。CPUクーラーは高さ70mm、電源は奥行き140mmまで対応しロープロファイル対応の背面拡張スロットは7基が用意されている。



電源は奥行き140mmまで対応し、ロープロファイル対応のカードに対応。価格が安い点もうれしい

 ベイ数は、5インチ×1、3.5インチシャドウ×1、2.5インチシャドウ×2(ATXマザーボード搭載時は1基)。ケースファンはトップ80mm×1(取り付け済み)、ボトム80mm×1(ATXマザーでは取り付け不可)。フロントアクセスポートにUSB 3.0×1、USB 2.0×2、音声入出力端子を備える。

 価格は5980円(税抜)。ドスパラ パーツ館と、ツクモパソコン本店、TSUUMO eX.で販売中だ。

【関連サイト】

【取材協力】



カテゴリートップへ


縦横置き両対応のアルミMini-ITXケースがLian Liから発売

Lian Li「PC-Q38」

2017年09月14日 22時51分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

 Lian Liから、縦置き、横置き両対応のMini-ITX対応PCケース「PC-Q38」が発売された。本体には、おなじみヘアライン加工が施されたアルミニウム素材を採用する。



縦置き、横置き両対応のMini-ITX対応PCケース「PC-Q38」。価格は1万5800円(税抜)でシルバーとブラックの2色が用意される

 「PC-Q38」は、リビングPCとしての利用も想定したという縦置き、横置き両対応のMini-ITX対応PCケース。横置き時は、左側面のアクリルウィンドウパネルがトップにくるため、内部構造を俯瞰視点で楽しめる。

横置き時は、左側面のアクリルウィンドウパネルがトップにくるため、内部構造を俯瞰視点で楽しむことができる

 内部は独特な構造で、フロント側に電源ユニット(奥行140mmまでのSFX)を配置することにより後部のスペースを確保。ボトム部には長さ315mmのビデオカードを搭載できるほか、トップには240mmサイズラジエーターを装備できる。なお、CPUクーラーの高さ140mmまで。



ボトム部には長さ315mm、2スロット厚のビデオカードを搭載できる

 特徴的なのは、「V-position HDDホルダー」と呼ぶ吊り型HDDホルダー。HDD自体を垂直に取付け片面に3.5インチストレージ、裏面には2.5インチストレージを2基搭載できる。



内部は独特。特に「V-position HDDホルダー」と呼ぶ吊り型HDDホルダーは斬新

 カラーバリエーションはシルバーとブラックの2色。価格は1万5800円(税抜)で、オリオスペック、ツクモパソコン本店、TSUKUMO eX.で販売中だ。

【関連サイト】

【取材協力】



カテゴリートップへ


11種類のRGB LEDを搭載するPCケースがThermaltakeから

Thermaltake「Versa C23 RGB」

2017年09月13日 23時45分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

 Thermaltakeから、RGB対応LEDイルミネーションを搭載するミドルタワーケース「Versa C23 RGB」が登場。ツクモパソコン本店で販売中だ。



RGB対応LEDイルミネーションを搭載するミドルタワーケース「Versa C23 RGB」

 「Versa C23 RGB」は、フロントパネル、トップパネル、I/Oポート部に、RGB発光に対応したLEDイルミネーションを搭載。I/Oポート部に備えるコントロールスイッチにより、RGBスペクトラムや単色発光、LEDオフなど11種類のライティングモードを楽しめる。

フロントパネル、トップパネル、I/Oポート部に、RGB発光に対応したLEDイルミネーションを搭載。11種類のライティングモードを楽しめる

 向かって左サイドには、4mm厚の強化ガラスパネルを採用。内部は、ドライブベイが取り外せる「FullyModullerDesign」を採用し、3.5インチシャドウベイ×2または2.5インチシャドウベイ×3、2.5インチシャドウベイ×4が用意される。



トップパネルとフロントパネルはブラッシュアルミニウム仕上げ。トップとフロントには最大240mmサイズの水冷ラジエーターが装着できる

 ファンはトップおよびフロントに120mm×2、リアには120mm×1を標準装備。ビデオカードが最大410mm、CPUクーラーが高さ155mmまで、電源ユニットが奥行き220mmまで搭載できる。サイズは200(W)×508(D)×510(H)mm。価格は9980円(税抜)だ。

【関連サイト】

【取材協力】



カテゴリートップへ


In Win創立30周年記念の超弩級PCケース「Tou 2.0」!

In Win「Tou 2.0」

2017年03月17日 23時27分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp


 In Winから、ミラーコーティングを施した強化ガラスを全面に採用した ハイエンドフルタワーケース「Tou 2.0」が登場。複数ショップで予約受付がスタートした。

プレミアムな

 「Tou 2.0」は、In Win創立30周年を記念して登場したアニバーサリーモデル。販売価格は29万8000円(税抜)という非常に高価なもので、国内限定3台のみの販売予定となっている。



ミラーコーティングを施した強化ガラスを全面に採用。パネルへの映り込みも凄い

 本体はミラーコーティングを施した5mm厚の強化ガラスを全面に採用するという大胆なデザインで、フロントパネル搭載のタッチセンサーにより、内部LEDの照度を調整可能。電源オフ時は鏡面仕様のミラースタイル。電源オン時には、LEDイルミネーションにより、内部を美しく見せられる。



TSUKUMO eX.で展示中のデモ機。フロントパネル搭載のタッチセンサーにより、内部LEDの照度を調整できる

 主なスペックは、全体サイズが295(W)×672(D)×595(H)mm、重量が約16.3kg。ベイ数が2.5/3.5インチシャドウベイ×5。最大6基の120mmファンのほか、2個の360mm水冷ラジエーターへ対応。おなじみの1065W専用電源ユニットとIn Win製ファン3基が標準で付く。また、I/OとしてUSB 3.0×3、USB 3.1 Type-C×1、音声入出力端子を備える。



価格はなんと29万8000円(税抜)。国内限定3台のみだ

 なお、TSUKUMO eX.では本日より展示機を設置。ド迫力のデモとなっているので、見るだけでも一見の価値ありだ。ほかに、オリオスペックやツクモパソコン本店、パソコン工房秋葉原BUYMORE店でも予約受付中だ。

【関連サイト】

【取材協力】



カテゴリートップへ


140mmファン×3がド派手に光るSilverStoneのミドルタワーケース

SilverStone「SST-PM01-RGB」

2017年03月16日 23時35分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp


 SilverStoneのスーパーカーのエアインテークからヒントを得たというミドルタワーケース「SST-PM01」シリーズのバリエーションモデル「SST-PM01-RGB」が発売中だ。フロントに備える3基のRGBファンがなんとも特徴的。



SilverStoneのミドルタワーケース「SST-PM01-RGB」シリーズ

 フロントに140mmLEDファン×3を搭載するデザインが特徴的な「SST-PM01」シリーズ。「SST-PM01-RGB」シリーズでは、新たにフロントに搭載する140mmLEDファン×3に、先日発売されたRGB LEDを内蔵したファングリル「SST-FG141」を装着。標準装備のLEDコントロールユニットで制御可能となっている。なお、RGB化にともない右サイドパネルは強化ガラスパネルに変更された。



フロントに搭載する140mmLEDファン×3に、先日発売されたRGB LEDを内蔵したファングリル「SST-FG141」を装着。派手に発光する

 主なスペックは、ベイ数が3.5/2.5インチ共用×4、2.5インチ×5。冷却ファンは、フロントに140mm LEDファン×3のほか、リアに140mmファン×1を標準装備。別途、トップに140mm×2/120mm×3をオプション追加可能。そのほか、水冷ラジエーターは、フロントに最大360mm、トップに最大360mm、リアに最大140mmのものを搭載できる。



内部は広々で拡張性は高い。左サイドにはファン制御およびケーブル管理用の「8 in 1 PWMファンハブ」も備えている

 サイズは220(W)×560(D)×571(H)mm、重量9kg。ビデオカードは最長約419mm、CPUクーラーは全高180mm、電源ユニットは奥行き240mmに対応。

 ラインナップはブラック、つや消しブラック、ホワイトの3色で価格は2万4980円(税抜)。ドスパラ パーツ館、ツクモパソコン本店、TSUKUMO eX.で販売中だ。

【関連サイト】

【取材協力】



カテゴリートップへ


ファンレスのアルミ製キューブケース「DB4」に黒色が追加

STREACOM「ST-DB4B」

2017年03月15日 23時19分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp


 STREACOMから発売されているファンレス仕様のPCケース「DB4」に、ブラックカラーのバリエーションモデル「ST-DB4B」が登場。オリオスペックで販売中だ。

ファンレス仕様のPCケース「DB4」のブラックカラーバージョン「ST-DB4B」

 「DB4」は昨年11月に発売された、ユニークなキューブ型デザインが特徴のMini-ITX対応PCケース。4面のアルミパネルと内部のヒートシンクを使い、ケース全体で放熱するという構造で、ストレージにSSDを、電源に先月発売されたファンレス電源ユニット「ZF240 Fanless 240W ZeroFlex PSU」を使えば、完全ファンレスPCが実現できる。



カラー以外の基本スペックはそのまま。TDP 65WまでのCPUがファンレスで運用できる

 カラー以外の基本スペックはそのまま。CPUは4本の銅製ヒートパイプを側面のアルミパネルに取り付ける形で放熱する仕組み。STREACOMでは対応TDPを65Wまでとしているほか、さらにオプションで販売してるヒートパイプキット「LH6」(7560円)を追加すれば110Wまでサポート可能だ。



ブラック塗装のため落ち着いた印象。先月発売されたファンレス電源ユニットも搭載可能だ

 ベイ数が3.5インチシャドウベイ×5または2.5インチシャドウベイ×12のほか、3.5インチシャドウベイ×2+2.5インチシャドウベイ×4構成も可能。スロットイン式スリム光学ドライブベイは別売りの増設キット「DB4-ODD Kit」(5400円)を使うことでマウントできる。

 価格は4万2984円で、シルバーモデルと同じだ。

【関連サイト】

【取材協力】



カテゴリートップへ