【速報】ソニーマーケティング、デジタル一眼カメラ「α」のドキュメンタリーCM新シリーズを公開 – BCN RETAIL

 ソニーマーケティングは1月18日、ドキュメンタリーCM「絶海の孤島 αが捉える光の世界-小笠原諸島-」がウェブサイト「α Universe」で公開されたと発表した。新CMは、ナショナルジオグラフィック国際フォトコンテストでの入賞をはじめ、主要な国際写真賞に多数入賞を果したネイチャーフォトグラファー柏倉陽介氏と、ナショナルジオグラフィックとの共同制作による「a project with NATIONAL GEOGRAPHIC」シリーズの一作。

 作品は、「光」をテーマにしており、東京から南に約1000km離れた太平洋に浮かぶ絶海の孤島・小笠原諸島で全編デジタル一眼カメラ「α7R III」「α7S II」で撮影。撮影では、小笠原諸島でその光の魅力に魅了された柏倉氏が夢中でシャッターを切る様子に密着し、青く輝く大海原、神秘的な夕焼け、満点の星空、ジャングルの木漏れ日と時により移り変わる光と、島固有のハハジマメグロなどそこで生きる動物たちの様子を「α7R III」で捉えた。オートフォーカスや連写性能、5軸手ブレ補正機能など、柏倉氏も納得の性能の高さにより、屋外の難しい環境下でも鮮明にその世界を写し出すことに成功した。

 第2弾コンテンツとして、柏倉氏から作品を紹介。第3弾コンテンツで、柏倉氏とその撮影シーンを追いかけたナショナルジオグラフィックのプロジェクトクルーたちの、小笠原諸島での撮影秘話やαの魅力について語られた記事を公開する予定。

 

201801181308_1.jpg
新CM「絶海の孤島 Αが捉える光の世界-小笠原諸島-」

ミクロの世界を手軽に体験できるデジタル顕微鏡3機種を発売。 – PR TIMES (プレスリリース)

■デジタル顕微鏡(光学ズーム最大300倍)
品番:LPE-05BK
商品ページ:http://sanwa.jp/pr/LPE-05BK

■デジタル顕微鏡(光学ズーム最大500倍)

品番:LPE-06BK

商品ページ:http://sanwa.jp/pr/LPE-06BK

■デジタル顕微鏡(光学ズーム最大250倍)

品番:LPE-07W

商品ページ:http://sanwa.jp/pr/LPE-07W

 

オープン価格

LPE-05BKLPE-05BK

LPE-06BKLPE-06BK

 

LPE-07WLPE-07W

 
「LPE-05BK」「LPE-06BK」「LPE-07W」は、デジタル光学顕微鏡です。
対象物を250~500倍まで拡大表示できる顕微鏡で、表示された結果は写真・動画として保存することが可能です。また、撮影した映像は付属の液晶モニタまたはパソコンの画面を使って、その場で確認できます。

LEDライトを搭載しており、対象物を鮮明に撮影可能です。また、ボタンを押すだけのカンタン操作タイプなので、誰でも気軽に撮影できます。

微生物やプランクトンなどの観察、プリント基盤や繊維の確認作業などが手軽に行えるので、自由研究や学校の授業、工場での品質チェックなどに最適です。

「LPE-05BK」は、最大300倍表示に対応する、ハンディカメラタイプのデジタル顕微鏡です。

幅13cm×奥行き10.3cm×高さ2.9cmとコンパクトなサイズで、様々な場所で使えます。ピント調整・ズーム・シャッターなどを片手で操作でき、極細部の表示・撮影が手軽に行えます。お子様の自由研究などに最適です。

 
「LPE-06BK」は、最大500倍表示に対応する、据え置き顕微鏡タイプのデジタル顕微鏡です。
3.5インチ大型モニタ付きで、片目で覗き込む従来の顕微鏡よりも確認しやすくなっています。また、HDMI高解像度出力に対応しており、大きなモニタを使って大勢と一緒に映像を確認できるので、学校での授業や工場での検査に最適です。

 

「LPE-07W」は、最大250倍表示に対応する、パソコン用デジタル顕微鏡です。

専用ソフト付きで、写真解像度やインターバル撮影の設定などがカンタンに行えます。撮影したデータはパソコンに保存されるため、ネットワークによるデータ共有もカンタンです。研究発表などの資料作成などに最適です。

 
製品画像データにつきましては、サンワサプライWEBサイトにあります「画像データベースシステム」(下記URL)よりダウンロードお願いいたします。
https://www.sanwa.co.jp/imagedb/imagedb.asp?sku=LPE-05BK,LPE-06BK,LPE-07W
———————————————————————-
★サンワサプライHP
https://www.sanwa.co.jp/
★youtubeチャンネル
http://sanwa.jp/youtube
★facebookファンページ
https://www.facebook.com/SanwaSupplyJP
★twitter @sanwainfo
https://twitter.com/sanwainfo
★サンワサプライ公式アプリ「サンワガチャ」
http://www.sanwa.co.jp/apps/gacha/index.html
———————————————————————–
※このリリースに記載の内容は、発表当時の情報です。

ソニーとパナソニック、CES 2018に見る「目指す未来」の違い – マイナビニュース

米ネバダ州ラスベガスで開催されたCES 2018は、いよいよ「家電見本市」という表現が当てはまらなくなってきた。新聞各紙の報道も、引き続き「家電見本市」という媒体がある一方、「家電・IT見本市」、「テクノロジーイベント」などといった表現を用いる例があった。

実際、家電は主役の一角を担うものの、主要な自動車メーカーの出展により、自動運転時代を見据えた展示が目立ったほか、GoogleやAmazonの音声アシスタントをはじめとするAI機能活用や、ロボティクス、ドローンに関する展示が増加。ヘルスケアやIoT、ウェアラブル、スマートシティに関する展示など、内容は多岐に渡った。

CESの主催者であるCTA(Consumer Technology Association=全米民生技術協会)は、2016年から、かつてのCEA(Consumer Electronics Association=全米家電協会)から名称を変更。エレクトロニクスからテクノロジーへと主軸を移した同協会の立ち位置を明確に示したイベントになったともいえるだろう。

また、3900社以上の出展のうち、約1700社が中国企業というように、米国における展示会ではあるが、中国という新たな勢力が台頭していることを感じさせるものとなった。では、日本企業はどうなのか。

ソニーのDNAは「コンシューマ製品の強さ」

CESにおいて、日本企業の主役の座を長年担っているソニーとパナソニックの2社が展示した内容は、これまで以上に対照的だった。それは、両社社長の発言一つとってもそうだ。

ソニー 代表執行役 社長 兼 CEOの平井 一夫氏は、「コンシューマエレクトロニクス領域において、さらなるイノベーションを追求すること、そして、新たな事業への挑戦という2点を展示の軸にした」と語っていた。一方でパナソニックの代表取締役社長である津賀 一宏氏は「他社のブースには、もっとBtoBが並んでいるのかと思ったがそうでもなかった。パナソニックだけが家電の展示がなかったことには驚いた」と話す。

ソニー 代表執行役 社長 兼 CEO 平井 一夫氏

平井氏は、CES 2018の会場における共同インタビューでも、「お客様に直接お届けするコンシューマ製品をいかに強くしていくかが、ソニーのDNAであり、一番得意としているところである。コンシューマビジネスを大事にしていくことが私の強い意志である」と語っていた。

その言葉を裏付けるように、ソニーブースでは、コンシューマ製品が目白押しだった。例年通りに、ブース入口で最新のテレビを展示したほか、デジタルカメラやヘッドフォン、日本のみ発売されているaiboを米国で初公開するなど、数多くの最新コンシューマ製品を展示した。

有機ELテレビでは、55型/65型の「BRAVIA A8Fシリーズ」を展示。高画質プロセッサ「X1 Extreme」によって、有機ELパネルの特長を大限に引き出した深い黒や明るさを表現するほか、画面自体を振動させて音を出力する「アコースティック サーフェス」を採用し、映像そのものから音が聴こえるような臨場感を実現している。

また、高画質化への取り組みでは、次世代の高画質プロセッサ「X1 Ultimate」を参考展示。前述のX1 Extremeと比較して、約2倍のリアルタイム画像処理能力を実現した上、液晶/有機ELのパネルの違いを乗り越えてそれぞれの特長を引き出し、高レベルの画質を実現できるという。

これに加えてブース内では、4K有機ELディスプレイと8K液晶ディスプレイによるデモストレーションを行った。8Kでも独自の画像処理技術とバックライト技術を組み合わせて、HDRフォーマットの最高値である10,000nitsの超高ピーク輝度を表現するなど、X1 Ultimateが実用段階にあることを示した。

さらに、ヘッドフォンではワイヤレス ノイズキャンセリング ステレオヘッドセット「WF-SP700N」を展示。左右独立型ヘッドフォンとして世界初となるIPX4の防滴対応を実現したスポーツシーン向けのもので、アークサポーターの採用により、重心位置を工夫した設計で高い装着安定性を実現している。国内でも発売する予定だ。

  • 参考展示した8Kディスプレイ。HDRフォーマットの上限である1万nitsのピーク輝度を達成している

  • WF-SP700Nは昨今人気を集める左右独立型ヘッドフォンだ

海外でも人気の「aibo」

一方、苦戦が伝えられているスマートフォンの「Xperia」だが、ミッドレンジモデルとなる「Xperia XA2 Ultra」を公開した。6.0型フルHDディスプレイや約2300万画素のメインカメラを採用したほか、フロント部に手ブレや暗所に強い1600万画素の高精細カメラと、大人数を写せる約120度の超広角の800万画素セルフィーカメラの二眼を搭載した。

また、新機軸コンセプトの製品を投入するLife Space UXからは、4K超短焦点プロジェクター「LSPX-A1」を展示し、注目を集めていた。人工大理石の天面に加えて、木目調の棚を採用することで、家具のように居住空間になじむ佇まいを実現。壁面に置くだけで最大120型の4K HDR 大画面を壁に投射できる。

だが、目玉として海外メディアから特に高い関心を集めていたのが「aibo」だ。

海外における展示は今回が初めてで、平井氏は「海外でも、一度は本物を見てもらい、様々なコメントを得たいと感じた」とその狙いを語る。というのも、ソニー本社で開発し、ソニー本社の日本人エンジニアが開発した製品がaiboだ。「日本人の目で見ているから可愛いものなのか、それとも米国人や中国人にとっても可愛いと思ってもらえるのかといったリアクションを知りたいという目的もあった」というのだ。

まずは日本の需要を優先し、台数が確保できるようになった段階で海外展開を目指すと平井氏。aiboは部品点数が多く、製造に時間がかかる商品のため時間がかかるとして「ちょっと時間はかかるが、確実に供給できることを前提に発売することが、お客様にとって一番不利益にならない形での市場投入になると考えている」(平井氏)。

103歳の女性報道写真家 「デジタルカメラは使いにくい」 – BIGLOBEニュース

「人生100年時代」とは、単にその年齢まで命を永らえさせることではない。大事なのは、100歳まで、そして100歳を超えたその後をどう生きるかだ。

 神奈川県在住の笹本恒子さん(103)は、“日本初の女性報道写真家”として知られる。入居する老人ホームを仕事場に、カメラ片手に写真家として活動している。80年近く写真家として仕事を続けてこられたコツは「怠けること」だと笹本さんは言う。

「朝起きて、毎日毎日カメラのことを考えるのではなく、しばらく他のことをしていて、ひょこひょこっと撮ったりしてきました。

 若い頃は絵を描いたり、洋裁をやったり、フラワーデザインの本を出したりと、食べていくためにとにかく何でもやりました。でも、カメラはいつだって自分の側にありました。いろいろな仕事をしましたが、全部写真につながっていったんだと思います」

 写真を始めたのは25歳。アルバイトで挿絵を描いていた東京日日新聞(現・毎日新聞)の記者に誘われたのがきっかけだった。

「数寄屋橋にあった写真協会の事務所に行って報道写真を見せられました。アメリカでは女性の報道写真家もいて、毎週読んでいた『LIFE』誌の表紙をマーガレット・バーク・ホワイトさんという女性が撮っていると聞き、時代が時代ですので衝撃を受けました」

 1960年の安保闘争をはじめ、愛用のライカを片手に危険な現場にも足を運んだ。

「絵を描いている頃は『写真なんて』と思っていたのですが、やり始めると写真の世界の奥深さに気づきました。写真は自分が想像した以上に大変なものだとわかりました。写真の良さは嘘がつけないところ。私は人間を撮るのが好きで、『残さなければいけない』と思ったものを残していく使命感もありました」

 今やカメラはデジタルが主流になってしまったが、「デジタルは使いにくい」と笹本さんは話す。

「たしかに簡単だけれども、何でも写ってしまうので好きではありません。進化したことでちょっとつまんなくなってしまった。やはり自分の頭で考えて、ピントや構図、それに色彩を工夫しないと。

 この歳ですから、いつどこかでつまずいてそのまま死んでしまうかもしれませんし、それは仕方のないこと。だから生きている間は、できることをして生きて、恥ずかしくないものを残していきたいと思っています」

 現在は老人ホームに住みながら写真家を続けている。

室生犀星ら著名人に私の撮った花を結びつけた『著名人と花にまつわる想い出』という本をつくるために、花を撮ったり、過去に撮りためたものを整理したりしています。昔のように身近に花があまり咲いていないので、撮影には困りましたけど。今年中には本としてまとめるつもりです」

 写真家としての80年間の集大成となりそうだ。

※週刊ポスト2018年1月26日号

AUKEY、USB Type Cコネクタ装備のSDカードリーダー – デジカメ Watch


デジカメ Watch

AUKEY、USB Type Cコネクタ装備のSDカードリーダー
デジカメ Watch
AUKEYは、SDカードスロットとmicroSDカードスロットを備えたUSB Type-Cタイプのカードリーダー「CB-UD3」を発売した。希望小売価格は税込999円。 本製品は、USB Type Cを搭載するデバイスに直接接続するタイプのカードリーダー。SDカードスロットとmicroSDカードスロットを備えるが、同時に利用はできない。 重量は5gと軽量で

and more »

ベルト型バッテリーや面ファスナーな風呂敷も、CESで見かけたスマホアクセサリー – ケータイ Watch


ケータイ Watch

ベルト型バッテリーや面ファスナーな風呂敷も、CESで見かけたスマホアクセサリー
ケータイ Watch
それどころか、もともとはデジカメ向けの製品だが、モバイル機器にも便利そうな一品だ。 イージーラッパーは面ファスナーになっていて、裏と表がくっつくようになっている。ただし普通の面ファスナーに比べるとループもフックも柔らかく、手触りは一般的な起毛タイプの布と大差がない。面ファスナーとしての粘着力もさほど強くはな

春秋 – 日本経済新聞

 レンズを内蔵してカメラにもなる小型ラジオ、目に映った光景を撮影できるカメラ付きの双眼鏡――。こうしたアイデア商品が、半世紀前には日本に登場していた。日本カメラ博物館(東京・千代田)で開催中の、カメラ産業の歴史を振り返る企画展に展示されている。

▼「ラジカメ」はラジオが真空管からトランジスタに切り替わり、小型化が進んで生まれた。変化の波に乗ったわけだ。ところがこれら複数の機能を組み合わせた製品は、それぞれの機能が十分でなく、人気の出ないものも多かったという。「複合商品は売れない」というジンクスができた、と博物館の展示は解説している。

▼通説を覆したのがデジタル技術だった。スマートフォン(スマホ)は高画質の写真を撮れ、ラジオやテレビ放送を視聴できるサービスもあるし音楽も聴ける。カメラ付き双眼鏡もいまやデジタル化で性能が上がり、スポーツ観戦や野鳥観察に便利だ。デジタルの力がそれぞれの機能を中途半端にせず、大いに伸ばしている。

▼スマホに押されてきたカメラ業界だが、光明もみえる。写真共有サイトにきれいな画像を投稿したいと思う人が増え、単価の高い一眼レフやミラーレスのデジタルカメラの販売が好調という。写真を撮るというカメラ本来の機能を磨くことの大切さは、ジンクスの教訓でもある。「焦点を絞った」戦略で、反転攻勢なるか。

時代を先取りし過ぎたか!? 持ち運びできるセキュリティシステム「nōmad」はクラウドファンディングで不調のワケ(GetNavi web) – 毎日新聞

情報提供:GetNavi web

玄関先のセキュリティカメラだけでなく、自宅内のカメラやモーションセンサーなど、セキュリティ面でのスマートホームもどんどんと進歩しています。GetNavi webでは自宅内を飛行して外出先から家の様子を確認できるドローン「Aire」も紹介しました。

こうした自宅用のセキュリティデバイスは普及してきていますが、これをポータブルにして持ち運べるプロダクトはまだ多くありません。そんななかいま海外メディアで話題を集めているのが「nōmad」。クラウドファンディングサイト「Crowd Supply」で資金募集中の「nōmad」はカメラ、モーション、サウンドセンサー、ライブ通知などが組み合わさった「ポータブルセキュリティガジェット」となっています。

本製品の紹介ビデオでは、「まるで自分専用の警備員が常にあなたを守ってくれるよう」と演出されています。確かにこんなふうに守られてみたいものです。

20180112_kubo12

「nōmad」の仕組みは簡単。メインとなるスティック型のデバイスに付属でついている小型のポッドを外出時に持っておき、ホテルの部屋やロッカーのなか、オフィスの自分のデスクやクルマのなかなど、自分以外が入らない場所やセキュリティ的に気になるスペースに小型ポッドを設置します。

それぞれの小型ポッドは音やモーション、振動や照明の変化、さらには煙も検知し、スマートフォンに通知を送ってくれるのです。最近はAirbnbなどの民泊も普及してきて、宿泊先も多様化してきましたが、オンラインでは大丈夫そうに見えた場所も、実際に着いてみると「ここ大丈夫かな……」と不安になることもあります。煙探知器がついていなかったりしても、nōmadのポッドがそれをカバーしてくれます。

20180112_kubo16

小型ポッドは複数使えるので、スーツケースのなかやナイトスタンドの上、洗面所と複数の場所をモニタリングすることも可能。

スティック型のデバイスにはカメラも付いているため、こちらも部屋やクルマのなかに設置しておけば、異変があったときにアプリを使ってリアルタイムで何が起きているかを確認することができます。

役に立つのはホテルや車から離れたときだけではありません。移動中は小型ポッドを手荷物やスーツケースのなかに入れておけば、一定の距離を離れたときに知らせてくれます。荷物の置き忘れや盗難の防止にも使えるわけです。

20180112_kubo17

nōmadにはLTE通信機能が内蔵されているので、外出先のホテルやオフィスなどのWi-Fiを使う必要がありません。ユーザーとの通信も完全に独立しているので、その面でのセキュリティも確保されているというわけ。海外メディアも「外部のWi-Fiや有線ネットワークに頼らなくてよいnōmadは独立性を非常に真剣にとらえている。これはとっても素晴らしい」「移動をしなくてはいけない、かつセキュリティに真剣なユーザーたちにアピールするはず」とセキュリティ面の強さを評価しています。

昨年末にキャンペーンを開始したばかりのnōmadですが、開発資金の獲得は芳しくありません。本稿執筆時点で残り20日間を切っていますが、目標金額(約1700万円)の2%しかお金が集まっていません。原因の1つは価格が少し高いからかもしれません。小型ポッドなしのメインのスティックデバイスだけで約2万8000円、小型ポッドが2つついたセットが約4万5000円となっています。

または、まだニーズがないからかもしれません。自宅用のセキュリティシステムはたくさん登場してきましたが、こうやって持ち運びができるデバイスはまだまだ珍しいのが現状。旅行や出張先でもセキュリティを確保してくれるデバイスへのニーズはこれから生み出されるのか――。まずはnōmadが目標金額を獲得できるかどうかに注目です。

【関連記事】
【iPhone】重要なメモが一目瞭然! iOS 11の「ピンで固定」が見逃しを防止に大活躍
あなたが欲しい服をAIが作る!? 加速するファッションの「デジタル化」と「パーソナル化」
睡魔に勝つなら、このウェアラブルを使え!! クラウドファンディング史上最高傑作の1つ「AYO」
「グラフが小さい!」こんなとき、どうする? いまさら聞けないエクセル基本テク
ちょい地味だけど普段使いはしやすそう! エレコムから「モンスターハンター:ワールド」コラボアイテムが多数登場!

情報提供:GetNavi web

ハッセルブラッド、4億画素記録の中判デジタル「H6D-400c MS」 – デジカメ Watch


デジカメ Watch

ハッセルブラッド、4億画素記録の中判デジタル「H6D-400c MS」
デジカメ Watch
デジカメ Watch. Watch Headline · クラウド Watch · PC Watch · デジカメ Watch · AKIBA PC Hotline! AV Watch · GAME Watch · ケータイ Watch · INTERNET Watch · 窓の杜 · 家電 Watch · Car Watch · トラベル Watch · Watch Video · ネタとぴ · シニアガイド · できるネット · GANREF
時を止めるカメラ。4億画素で2万3200×1万7400ピクセルの画像を撮る「H6D-400c MS」ニコニコニュース

all 5 news articles »

ARTISAN&ARTIST、組紐ストラップに新色ネイビーを追加 – デジカメ Watch – デジカメ Watch


デジカメ Watch

ARTISAN&ARTIST、組紐ストラップに新色ネイビーを追加 – デジカメ Watch
デジカメ Watch
アルティザン・アンド・アーティスト株式会社は、シルクコードのカメラストラップ「ACAM-301N」「ACAM-306N」に新色のネイビーを追加し、1月22日に発売する。 京都の老舗店が組み上げた組紐を用いたカメラストラップ。長さにより2タイプがあり、98cmのACAM-301Nは希望小売価格が税別1万4,000円、120cmのACAM-306Nは税別

and more »