スバル『ゲレンデタクシー2018』にパナソニックが協賛 – MotorFan[モーターファン] (プレスリリース)

  • 2017/12/12
  • MotorFan編集部

デジタルカメラ「LUMIX」とウェアラブルカメラで雪上走行体験を撮影

このエントリーをはてなブックマークに追加

パナソニックは、2017年12月16日から2018年2月18日まで全国4ヶ所のスキー場で開催される、雪上走行体験イベント「SUBARUゲレンデタクシー2018」に協賛し、デジタルカメラ「LUMIX」とウェアラブルカメラで機材協力する。

「SUBARUゲレンデタクシー2018」は、通常は車で走ることのできないスキー場ゲレンデ内で、スキー客がリフトの代わりにスバルのSUV車両に乗車し、ゲレンデ上部まで雪上での走行性能を体験するイベントだ。

『ゲレンデタクシー2017』THANK YOU ムービー

今回は、世界初の4K60p動画記録が可能なミラーレス一眼カメラ「LUMIXDC-GH5」と、撮影者の目線に近い臨場感あふれる映像が撮影可能なウェアラブルカメラ「HX-A1H」「HX-A500」が活躍する。

会場では、GH5を用いて、約18メガの秒間30コマ高速連写を実現する「6KPHOTO」や驚異の秒間60コマ高速連写「超高速4KPHOTO(約8メガ)」で、ゲレンデタクシー乗車前のワクワク感を表現するジャンプやスライディングを撮影。また、車両に設置されたウェアラブルカメラでは、雪上疾走時の盛り上がりをとらえ、記憶に残るイベントとして盛り上げる。

■「SUBARUゲレンデタクシー2017」開催日程・会場

2017年12月16日(土)、17日(日):北海道・サッポロテイネスキー場

2018年1月20日(土)、21日(日):岩手県・安比高原スキー場

2018年2月3日(土)、4日(日):長野県・栂池高原スキー場

2018年2月17日(土)、18日(日):新潟県・苗場スキー場

※開催日程・会場は予告なく変更になる場合があります。

自動車業界の最新情報をお届けします!

【トップ近況】ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ・石塚社長「ミラーレス一眼カメラでプロ向け市場攻略したい」 – ZAKZAK



 ソニーのカメラ事業を担う子会社、ソニーイメージングプロダクツ&ソリューションズ(東京)の石塚茂樹社長(59)は「ミラーレス一眼カメラでプロ向けの市場を攻略したい」と意気込む。軽くて高性能のミラーレスは販売が好調という。

 ただ、プロ向けは従来型のデジタル一眼の人気が根強い。シェア拡大を目指し、修理や保守体制を整え、ミラーレスの弱みとされるピントの自動調整機能を改良した。「カメラといえば、ソニーと呼ばれたい」と話す。



zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

Webライター歓喜。『サイバーショット DSC-RX10M4』は弱点の少ない1インチ超望遠機 – d.365 (ブログ)

今月自らを捧げたガジェット

ソニー
サイバーショット DSC-RX10M4
実勢価格:17万8000円

ネオ一眼と呼ばれるレンズ非交換型の大型デジカメ。高倍率で明るいレンズと、1インチセンサーを組み合わせた旧モデル『DSC-RX10M3』をアップデートし、世界最速0.03秒の高速AFとAF/AE追従最高約24コマ/秒を実現した。最大4.5段の光学式手ブレ補正もあり、動きの激しいスポーツや、動物の撮影に適したモデルに仕上がっている。

スーパームーン<2018年1月2日(火)>&ダイヤモンド富士<2018年1月22日(月)~1月28日(日)> – 時事通信

[株式会社サンシャインシティ]

大きく輝く極上の月と年間で数日しか見られない神秘的な富士山を展望台で観よう!

SKY CIRCUS サンシャイン60展望台(東京・池袋)では、月が地球に最も近づき大きく輝く極上の月「スーパームーン」を2018年1月2日(火)に、また、富士山の山頂に太陽が重なる1年間で数日しか見ることができない希少な光景「ダイヤモンド富士」を2018年1月22日(月)~1月28日(日)の期間に見ることができます。


             展望台からの夜景(※スーパームーンではありません。)

              「ダイヤモンド富士」(2017年1月撮影)

「スーパームーン」とは、月が地球に最も接近する満月、もしくは新月の状態で通常の月よりも大きく、明るく見える状態を指します。月と地球の距離が、356,570kmとなっており、1月2日のスーパームーンは、湿度が低く空気中の水蒸気量が少ないので、よりクリアに見ることが出来ます。満月の時刻は11:24頃(日中)ですが、月が昇り始める17:00頃が、月が特に大きく見え、SKY CIRCUS サンシャイン60展望台からは東側にご覧いただくことが出来ます。(東京スカイツリー左側)

また、富士山頂から太陽が昇る瞬間と山頂に夕日が沈む瞬間、太陽が山頂とぴったりと重なった時にまるでダイヤモンドが輝くような光の現象が起こることを「ダイヤモンド富士(※1)」と呼んでいます。この現象は、富士山が東か西の方向に見える場所で気象状況が良い場合に、年に2回だけ見ることができるとても希少な光景です。周りに視界を遮る建物が無いSKY CIRCUS サンシャイン60展望台からは、気象状況さえ整えば、夕日が沈むその瞬間にダイヤモンド富士をはっきりとご覧いただくことが可能です。また、今回ダイヤモンド富士や夜景の撮影方法を専門員がレクチャーする「展望台deカメラ教室」も開催します。是非、この機会に希少な光景をSKY CIRCUS サンシャイン60展望台にてお楽しみください!

(※1) SKY CIRCUSサンシャイン60展望台では、太陽の一部が山頂の一角にさしかかっている状態を「ダイヤモンド富士」としており、ちょうど山頂に太陽が重なる日の前後2~3日間も観覧可能期間としています。

<スーパームーン&ダイヤモンド富士観覧概要>
観覧可能期間:スーパームーン:2018年1月2日(火)※17:00頃 
       ダイヤモンド富士:2018年1月22日(月)~1月28日(日)(16:20~16:50頃)
       ※1月26日(火)に最も山頂に太陽が近づくと予想されます。
 ※上記2件について天候状況によりご覧いただけない場合がございます。

場   所:SKY CIRCUSサンシャイン60展望台
営業時間:10:00~22:00(最終入場は終了の1時間前)
入場料金:大人:1,200円/学生(高校・大学・専門学校):900円/こども(小・中学生):600円
幼児(4才以上):300円 ※VR料金は別途必要です。
★2018年1月22日(月)~1月28日(日)期間限定お得なペア入場チケット(ペア入場+ソフトドリンク2杯付き)大人2,700円(3,400円相当)/ 学生2,100円(2,800円相当)

<展望台deカメラ教室 概要>
日時:1月28日(日)第1部16:15~17:00 第2部17:30~/18:00~/18:30~※各回約10分
料金:展望台の入場料のみでご参加いただけます。※各回定員10名、当日展望台にて受付を行います。
内容:第1部ではダイヤモンド富士、第2部では夜景の撮影方法をフォトマスター検定取得の専門員がミラーレス一眼カメラを使いレクチャーします。カメラ教室で撮影した写真は、その場で印刷して参加者にプレゼントします。
主催:株式会社ビックカメラ、オリンパス株式会社

                             ※画像はイメージです ※金額はすべて税込です

企業プレスリリース詳細へ (2017/12/05-12:01)

ヨドバシカメラ、2018年の福袋を販売開始 今年は抽選制、申し込みは12月8日午前9時59分まで – CoRRiENTE.top

ヨドバシカメラは、ヨドバシ・ドット・コムで2018年の福袋「2018年 夢のお年玉箱」の販売を開始した。すでに申し込み受付が開始されている。

来年の福袋は、例年と異なり先着順ではなく抽選販売となっており、以下のユーザーの中から優先的に抽選を行うとのこと。もちろん、上記以外のユーザーも申し込み可能となっている。

■ 2017年1月1日(日) ~ 11月30日(木)に買い物をした下記のユーザー
 ・ヨドバシ・ドット・コムで会員ログインをして買い物をした方
 ・ポイント共通化済みでヨドバシカメラ店舗で買い物をした方
■ 2017年11月30日(木)時点で「GOLD POINT CARD+」の会員様

福袋の一覧は以下の通り。

種類 価格
一眼レフデジカメの夢 六萬円 60,000円
一眼レフデジカメの夢 四萬円 40,000円
ミラーレスデジカメの夢 40,000円
高級コンパクトデジカメの夢 45,000円
ズーム付きコンパクトデジカメの夢 7,000円
アクションデジカメの夢 20,000円
防水コンパクトデジカメの夢 15,000円
GoProの夢 35,000円
360°カメラ・シータの夢 15,000円
ビデカメフルハイビジョンの夢 20,000円
インスタントカメラの夢 5,000円
お風呂テレビの夢 35,000円
ブルーレイレコーダーの夢(UHD対応) 50,000円
ブルーレイレコーダーの夢(トリプルチューナー) 45,000円
ブルーレイレコーダーの夢(ダブルチューナー) 30,000円
ハイレゾオーディオプレーヤーの夢 20,000円
人気のフルワイヤレスイヤホンの夢 10,000円
ブルートゥースヘッドホン/スピーカーの夢 20,000円
ブルートゥースイヤホンの夢 10,000円
国内メーカーハイレゾイヤホンの夢 15,000円
美容・健康家電の夢 10,000円
お掃除ロボット・ルンバの夢 30,000円
キッチン家電の夢 10,000円
ケルヒャーの夢(高圧洗浄機) 5,000円
国内ブランドノートパソコンの夢 15インチ Office 50,000円
海外ブランドノートパソコンの夢 10インチ 40,000円
海外ブランドノートパソコンの夢 13インチ 30,000円
海外ブランドノートパソコンの夢 15インチ Office 30,000円
海外ブランドノートパソコンの夢 13インチ i3 60,000円
海外ブランドノートパソコンの夢 14インチ i5 60,000円
サーフェスProの夢 60,000円
タブレットパソコンの夢 i 30,000円
タブレットパソコンの夢 android 10,000円
海外ブランドスマホの夢 10,000円
国内ブランドスマホの夢 10,000円
メンズウォッチの夢 10,000円
レディースウォッチの夢 10,000円
コスメの夢 10,000円
メンズコスメの夢 5,000円
プレイステーション4の夢 35,000円
ニンテンドー2DSLLの夢 18,000円
トミカ・プラレールの夢 5,000円
女児玩具の夢 5,000円

最も人気な福袋は、「夢のお年玉箱2018 一眼レフデジカメの夢 四萬円」となっており、高級なデジタル一眼レフカメラがわずか4万円で購入できるとのこと。人気は16倍(記事投稿時)。

また、iPadが入っている「夢のお年玉箱2018 タブレットパソコンの夢 i」は今年も人気で、こちらも16倍の倍率になっているようだ。同福袋の価格は3万円なので、おそらく中身は「iPad mini 4」もしくは「iPad mini 3」であると予想される。

その他、「夢のお年玉箱2018 ミラーレスデジカメの夢」が人気13倍、「夢のお年玉箱2018 一眼レフデジカメの夢 六萬円」が人気10倍と続く。

福袋の申込み受付は本日12月1日(金)から12月8日(金) 午前9時59分までとなっており、予定販売数に達しなかった場合は一般抽選が行われるとしている。抽選結果は12月11日(月) 午前11時00分よりこちらのページにて順次発表され、当選したユーザーには購入手続きを記載したメールが順次配信される予定だ。

TSUKUMO、Quadro P1000を標準搭載したRAW現像向けデスクトップ – ITmedia


ニュース


» 2017年12月01日 12時33分 公開



Project Whiteは、写真家の礒村浩一氏監修「写真編集(RAW現像)向けパソコン」の新構成モデルを発表した。






 Project Whiteは12月1日、「写真編集(RAW現像)向けパソコン」の新構成モデル「PA9J-D91/T」を発表、本日より販売を開始する。標準構成価格は27万9800円(税別)。

 高解像度デジタルカメラの利用者を想定したRAW現像向けモデルで、8コアプロセッサのCore i7-7820X、および10bitカラー出力対応グラフィックスカードのQuadro P1000を標準で搭載。また一眼カメラからのデータ取り込みに便利なIEEE 802.11ac無線LAN拡張カードも標準で装備している。

photo
PA9J-D91/T

 OSはWindows 10 Pro 64bit版を導入。メモリは標準で32GB、ストレージは500GB M.2 NVMe SSD+3TB HDDを、光学ドライブはBlu-ray Discドライブを装備した。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう

‘; html += ‘

‘; e_dlv.innerHTML = html; cX = cX || {}; cX.callQueue = cX.callQueue || []; cX.callQueue.push([ ‘insertAdSpace’, { adSpaceId:’000000016415d712′, width:’100%’, height:190, initialHorizontalAdUnits:1, initialVerticalAdUnits:1, resizeToContentSize:true, renderTemplateUrl:’//cdn.cxpublic.com/20171129_fd49554_3.html’ } ]); }; var insert_ok = function(_target,_str){ e_body.insertBefore(e_dlv,_target); set_dlv(); }; var insert_ng = function(_str){ e_dlv.style.display = ‘none’; }; var main = function(){ var e_nodes = e_body.childNodes; // BODY 直下子要素 var e_tags = []; // BODY 直下タグ var p_num = []; // BODY 直下 P タグ位置 var p_target_num; // 枠挿入基準位置 var o_float = {}; // 回り込み要素 var o_this = {}; // アクティブタグ var o_next = {}; // アクティブタグの次のタグ var flag_insert = 0; // 挿入フラグ // 回り込み要素チェック var check_float = function(_e){ var e = 0; if(_e.id.match(/^col¥d{3}(l|r)$/)){ e = _e; } return e; }; // 要素の Y 座標と高さの合計値 var get_element_y = function(_e){ var ey = 0; var eh = _e.offsetHeight; while(_e){ ey += _e.offsetTop; _e = _e.offsetParent; } return ey + eh; }; var check_ptag = function(_e){ var e = 0; if(_e.tagName && _e.tagName === ‘P’){ e = _e; } return e; }; var try_insert = function(){ p_target_num = Math.floor(p_num.length / 2) – 1; for(var i = p_num[p_target_num]; i = _threshold){ try_insert(); }else{ insert_ng(‘P タグ ‘ + _threshold + ‘ 以下’); } }; if(e_body){ main(); }else{ insert_ng(‘記事本文なし’); }
})(document,4);

デジタル一眼ランキング、パナソニック「LUMIX DMC-GF7Wダブルズームキット」2連勝 (1/2) – ITmedia


ニュース


» 2017年11月30日 14時00分 公開



前回初トップとなったパナソニック「LUMIX DMC-GF7Wダブルズームキット」が連勝。2位、3位、4位にはキヤノン「EOS Kiss」シリーズが並んだ。


[佐々木千之,ITmedia]


‘; html += ‘

‘; e_dlv.innerHTML = html; cX = cX || {}; cX.callQueue = cX.callQueue || []; cX.callQueue.push([ ‘insertAdSpace’, { adSpaceId:’000000016415d712′, width:’100%’, height:190, initialHorizontalAdUnits:1, initialVerticalAdUnits:1, resizeToContentSize:true, renderTemplateUrl:’//cdn.cxpublic.com/20171129_fd49554_3.html’ } ]); }; var insert_ok = function(_target,_str){ e_body.insertBefore(e_dlv,_target); set_dlv(); }; var insert_ng = function(_str){ e_dlv.style.display = ‘none’; }; var main = function(){ var e_nodes = e_body.childNodes; // BODY 直下子要素 var e_tags = []; // BODY 直下タグ var p_num = []; // BODY 直下 P タグ位置 var p_target_num; // 枠挿入基準位置 var o_float = {}; // 回り込み要素 var o_this = {}; // アクティブタグ var o_next = {}; // アクティブタグの次のタグ var flag_insert = 0; // 挿入フラグ // 回り込み要素チェック var check_float = function(_e){ var e = 0; if(_e.id.match(/^col¥d{3}(l|r)$/)){ e = _e; } return e; }; // 要素の Y 座標と高さの合計値 var get_element_y = function(_e){ var ey = 0; var eh = _e.offsetHeight; while(_e){ ey += _e.offsetTop; _e = _e.offsetParent; } return ey + eh; }; var check_ptag = function(_e){ var e = 0; if(_e.tagName && _e.tagName === ‘P’){ e = _e; } return e; }; var try_insert = function(){ p_target_num = Math.floor(p_num.length / 2) – 1; for(var i = p_num[p_target_num]; i = _threshold){ try_insert(); }else{ insert_ng(‘P タグ ‘ + _threshold + ‘ 以下’); } }; if(e_body){ main(); }else{ insert_ng(‘記事本文なし’); }
})(document,4);

iPhone Xやスマートスピーカー、高級炊飯器など注目製品120の実力を判定!『最新家電・デジタル テストしてわかった! 本当に買っていいモノ』 – CNET Japan

株式会社 学研ホールディングス(東京・品川/代表取締役社長:宮原博昭)のグループ会社、株式会社 学研プラス(東京・品川/代表取締役社長:碇 秀行)は、学研ムック「最新家電・デジタル テストしてわかった! 本当に買っていいモノ」(定価:本体630円+税)を2017年11月30日(木)に発売いたします。

[画像1: リンク ]

話題のiPhone Xをはじめ、スマートスピーカーや4Kテレビ、高級炊飯器など話題の家電・デジタル機器の実力を徹底チェック。評論家やライターなどプロがじっくり使い倒したからこそわかる各モデルの長所、短所を明らかにします。

★巻頭トピックスは、「New iPhoneは本当に“買い″なのか?」
iPhone Xに新搭載された顔認証機能Face IDの使い勝手や、iPhone 8/8 Plusのカメラ機能などの実力をチェックします。
[画像2: リンク ]

★第1特集は「プロが断言!! 新製品買っていいモノ」
高級炊飯器をはじめ、オーブンレンジや4Kテレビなど各ジャンルの注目アイテムを集め、専門家がこってりテストしました。ライバル機との比較検討にお役立ちの特集です。
[画像3: リンク ]

■掲載ジャンル
高級炊飯器/オーブンレンジ/調理家電/掃除機/空調家電/衣類スチーマー/冷蔵庫/洗濯機/4Kテレビ/UHD BDプレーヤー/スマートスピーカー/ポータブルBTスピーカー/ホーム用BTスピーカー/ワイヤレスヘッドホン/ワイヤレスイヤホン/レコードプレーヤー/デジタル一眼カメラ/コンデジ/スマートフォン

★第2特集は「使ってみたら、こうでした」
ボーズの完全ワイヤレスイヤホン「SoundSport Free wireless headphone」や、ソニーのスマートスピーカー「LFG-S50G」など、話題のアイテムを専門家やライターがじっくり使い倒しました。実際に使ってみないとわからない「良いところ」はもちろん、購入前に知っておきたい「イマイチなところ」もすべて教えます!
[画像4: リンク ]

■掲載アイテム
ソニー ブラビアA1/ソニー α9/ソニー WF-1000X/ボーズ SoundSport Free wireless headphone/Apple 10.5インチiPad Pro/ソニーモバイルコミュニケーションズ Xperia XZ1/VAIO VAIO S11 VJS1121/GoPro HERO6 Black/Beats by Dr.Dre Beats Studio3 Wireless オーバーヘッドフォン/アステル&ケルン AK70 MKII/パイオニアHRP-305/ソニーLF-S50G/オウルテックSUOONO/ソニー ICレコーダーICD-TX800/エプソン EH-TW5650/アイ・オー・データ機器 CDレコ CDRI-LU24IXA/ロジクール KX1000s Craft/ソニーDPT-RP1/ダイソン Dyson V7 Fluffy/VERMICULAR バーミキュラライスポット/パナソニック ロティサリーグリル&スモークNB-RDX100/デロンギ デディカ コーン式コーヒーグラインダー KG521J-M/シャープ ヘルシオ ホットクック KN-HW24C/アラジン グラファイト グリラー CAG-G13A/ドウシシャ 焼き芋メーカー Bake Free/パナソニック 食器洗い乾燥機NP-TCR4/ハイアール IceDeli Plus/ダイソン Dyson Supersonicヘアードライヤー/キリン ホームタップ/パナソニック ジェットウォッシャードルツ EW-DJ71/シャープ RACTIVE Air EC-A1R/パナソニック 脱臭ハンガーMS-DH100/パナソニック ボディトリマーER-GK60/レイコップ レイコップRN/パナソニック リアルプロEP-MA98M/シロカ 速暖マイカヒーター/サンコー シワを伸ばす乾燥機 アイロンいら~ず/IZUMI 毛玉取り器KC-NW77/バンムーフ エレクトリファイド X/モンブラン モンブラン サミット スマートウォッチ/ガーミン GDR S550

■学研ムック「最新家電・デジタル テストしてわかった! 本当に買っていいモノ」
定価:680円(本体630円+税)
発売日:2017年11月30日(木)
判型:A4変型/96ページ
電子版:あり(同時配信)
発行所:(株)学研プラス
ウェブサイト「GetNavi web」:リンク

【本書のご購入はコチラ】
Amazon リンク
楽天ブックス リンク
セブンネット リンク
学研出版サイト リンク

プレスリリース提供:PR TIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

2013年の今日、スマホ版の初代ドラゴンクエストが配信されました:今日は何の日? – エキサイトニュース

おもなできごと
・1997年11月28日、宇宙開発事業団がランデブー・ドッキング技術実験衛星「きく7号」と「熱帯降雨観測衛星」を打ち上げ
・2013年11月28日、ニコンがレトロ風デザインのデジタル一眼「Df」を発売
・2013年11月28日、スクウェア・エニックスがスマホ版「ドラゴンクエスト」を無料配信
・2015年11月28日、ヤマダ電機が国内初のWindows 10 Mobile搭載スマホ「EveryPhone」を発売11月28日は「税関記念日」。諸外国との交易港に設置され、輸出入貨物の監督や税金の徴収などを行なっていた「運上所」が、1872年に「税関」へと改められた日に由来。ちなみに現在日本の税関は、函館、東京、横浜、名古屋、大阪、神戸、門司、長崎、沖縄にあります。

過去のできごとで気になったのは、スマホ版「ドラゴンクエスト」の無料配信(2013年)。何度かリメイクされていますが、昔のままの内容がスマホで楽しめるということで話題となりました。最初は先着100万ダウンロードが無料だったのですが初日で達成してしまったため、12月10日まで数量制限なしの無料配信へと変更されました。レベルアップが早いので、昔の記憶を頼りにサクッとクリアできるのはうれしいところ。「おうじょのあい」でわかる座標が間違ってたりもしましたが。

もうひとつ気になったのは、国内初のWindows 10 Mobile端末発売(2015年)。

ああ、物欲センサーがビンビンに! ライカからコンパクトなファインダー付きミラーレス一眼「ライカ CL」登場 – ギズモード・ジャパン

こうも魅力的だと、もう俺は……。

ライカから、ミラーレス一眼の新機種「ライカ CL」が12月に発売されます。

2400万画素、APS-CサイズのCMOSセンサーを搭載。画像処理エンジンは「LEICA MAESTRO II」、49点の高速AFエリア、4K 30fpsの動画撮影に対応しています。また、Wi-Fiも搭載しています。

171123LIECACL-02
Image: Leica Camera AG

なんといっても、たたずまいがいいですね。ライカの伝統的なデザインを踏襲。コンパクトながらも精悍なフォルムは、見ているだけでいい写真が撮れるような気にさせてくれます。

171123LIECACL-03
Image: Leica Camera AG

本機には「EyeResテクノロジー」を駆使したEVFが搭載されています。画素数は236万ドット。タイムラグは認識できないレベルということ。ファインダーを覗いて撮影したい派(僕のこと)にとっては、これはかなり魅力的です。

171123LIECACL-04
Image: Leica Camera AG

本体上部の2つのダイヤルで直感的な操作が可能。小さいながらも視認性のいいディスプレイで、現在の設定状況が一目でわかります。

いいなー。これいいなー! ライカのデジタルカメラ、いろいろ出てますが、僕の中ではこれがNo.1です。まだ実物見てませんが、これはいいものに違いない。触りたい!!

予想実売価格は37万円前後となる模様。ぐぬぬ……。

171123LIECACL-05
Image: Leica Camera AG

ライカ CLと同時に、レンズも発売されます。「ライカ エルマリート TL f2.8/18mm ASPH.」は、わずか約80g、21mmというコンパクトながらも、描写は同クラスのレンズではバツグンとのこと。

ライカ CLとライカ エルマリート TL f2.8/18mm ASPH.のキットは、予想実勢価格50万円前後となっています。

いやー、かなり魅力的。価格もライカのカメラとしては、それほど高いというわけでもありません。安くもないですけどね

ライカのデジカメを買うとしたら、僕は迷わずライカ CLにしますね。もう決めました。あとは、購入資金をどうするかですね。

Image: Leica Camera AG
Source: Leica Camera AG

(三浦一紀)