Apacer iPhone/iPad用AH790 Lightning 回転式 USB フラッシュドライブ:あなたのIphone/Ipad容量を増やしましょう – PR TIMES (プレスリリース)

2017年12月14日、台湾、台北 —モバイルストレージソリューションのエキスパートであるApacerは、Apple iOSデバイス用デュアルインターフェース回転式フラッシュドライブ「AH790」をご紹介します。亜鉛合金により作られた美しいデザインを持ち、USB3.1 Gen1 Type-A と Lightningコネクタのデュアルインターフェースで、PCとApple端末デバイスとのファイル転送の高速ソリューションです。専用アプリ「Apacer iFileBridge」は、「ワンタッチバックアップ」機能によりデバイスからAH790にデータを複製し、デバイスのメモリスペースが空きます。「キャプチャ&ストア」の機能でファイルを効率的に管理することが可能となります。AH790はMFi認証製品のため、iPhone、iPadなどApple iOS端末デバイスとの互換性が保証されています。

デュアルインターフェースでファイルを簡単に共有

AH790は、Apple Lightning およびUSB3.1 Gen1 Type-Aのデュアルインターフェースを搭載しています。キャップを回転し、差し込むだけで簡単にiOSデバイス、デスクトップおよびノートPC間でのデータ転送が出来ます。Lightningコネクタを延長した設計により、装置の保護カバーを外すことなく簡単に差し込むことが出来ます。

iFileBridge アプリでワンタッチバックアップ、ダイレクトキャプチャ&ストア

AH790はApple製品の容量制限を克服するために作られています。Apacerが独自に設計したアプリである「iFileBridge」は、モバイルデバイスとAH790内のファイルを簡単に管理できます。「ワンタッチバックアップ」機能はデバイスからAH790にデータを複製し、連絡先リスト、写真、ビデオを完全に保存します。

「キャプチャ&ストア」機能を使用すると、写真撮影やビデオ録画など、容量を大量に必要な際に、AppleデバイスからAH790にファイルを転送する必要はありません。高解像度の写真やビデオは直接AH790に保存できます。また、AH790 をパーソナルシアターとして使い、保存されたビデオをiFileBridge アプリで再生可能です。

360度回転式キャップデザイン
高級感が溢れる亜鉛合金の材質により、AH790はiPhone/iPadの美学に沿った品質と耐久性を持つ製品と特徴付けられています。4方向で停止できる360度回転式 /キャップレスを設計されており、楽々で二種類のコネクターを使用可能だし、キャップの紛失する心配もなくなります。一体成型されたストラップホール付の設計に、お気に入りのストラップをつけ、独自のアクセサリーとしてご利用いただけます。

Apple MFi認証:品質の証し

Apple MFi認証を取得し、優れた品質で機能します。32GBと64GBの容量をラインナップしています。iOS製品のユーザーは、安心でデジタルライフを楽しむことが出来ます。

CyberMedia Press Centerでもっとニュースを見るなら: http://www.cybermedia.com.tw/news

Apacer (アペイサー) について

Apacerは革新的なメモリモジュールのサプライヤーとして広く知られ、その製品は多くのデジタルメディアアプリケーションで使用されています。これまでApacerでは、デジタルストレージソリューション製品の開発を続け、製品設計やカスタマーサービス、ブランド価値、製品経験を統合させる巧みなアプローチを執り、目標へ向けた飛躍的な成長を遂げてきました。Apacerの躍進は革新的で真新しく、また信頼性を備えた製品の提供を絶えず続けてきた結果でもあります。 “Access the Best”はApacerが最高の製品とサービスを提供することで、自身のブランド価値を向上させるべく掲げた企業理念であり、”Access”はその文字通り、データ共有やコミュニケーションといった総合的自由や利便性へのアクセスを、一方で”Best”は比類なき製品クオリティを表しています。

小学校でタブレット型端末を紛失 児童の動画など保存か – 産経ニュース – 産経ニュース

 長野県の駒ケ根市教育委員会は13日、同市立東伊那小学校でタブレット型端末1台を紛失したと発表した。児童の画像など個人情報が外部に出回っている形跡は確認されていないという。

 同市教委によると、同校に7台配置された端末のうち1台が8月9日から確認できなくなり、校内を捜しても見つからなかった。端末には、児童らのクラブ活動の画像や体育など授業の動画が保存されている可能性があるという。

 すでに保護者に謝罪の文書を送付したほか、端末の一時保管データの削除徹底など再発防止策を決めた。

スマホ/タブレット対応のスタンドモバイル三脚が1499円で発売 – 価格.com


スマホ/タブレット対応のスタンドモバイル三脚が1,499円で発売

2017年12月14日 11:45掲載

上海問屋は、スマートフォン/タブレットに対応したスタンドモバイル三脚「DN-915105」を発売した。

4〜6型(幅60〜85mm)のスマートフォン、あるいは7〜10型(幅120〜190mm)のタブレットを目安に対応するモバイル三脚。ホルダーは、360度の角度調節が可能。撮影用途に加えて、動画閲覧用のスタンドとして使えるなど、「一台二役」で利用できるのが特徴だ。

本体サイズは220(幅)×223(高さ)mm、重量は約200g 。ワッシャー、雲台、ホルダーが付属する。

直販価格は1,499円。

価格comで最新価格・クチコミをチェック!

関連コンテンツ

三脚・一脚関連最新ニュースリンク

このニュースの関連リンク

メーカーサイト


iPhoneの新AR機能「ARKit」とは?すぐに試せるアプリも紹介 – Mogura VR

AR(拡張現実)という技術が注目されるようになっています。AR技術を使ったアプリは以前にもありましたが、近年では『ポケモンGO』の登場などもあり、一般の人でもスマホで手軽にARアプリに触れられる機会が増えつつあります。

また2017年9月にiPhoneやiPadといったiOS11を搭載した対応デバイスでARを楽しむことができる新機能「ARKit」がリリースされました。今回はその「ARKit」について紹介していくほか、対応デバイスやすぐに試せるアプリについても紹介していきます。

目次

1.ARKitとは
2.ARKitで何ができる?何が良くなる?
3.ARKitはなにで体験できる?
4.すぐに試せるARKit対応おすすめアプリ

1.ARKitとは

ARKitは、AppleによるiOS向けのAR機能で、開発者向けのARフレームワークです。このフレームワークを使用したARアプリは、特別なデバイスを必要とせず、iPhoneとiPadの単眼カメラを使って動作します。


ARKitによって、スマートフォンなどのカメラで現実空間を認識し、机の上にデジタルなモノやキャラクターを置くこと等が可能になるほか、現実の物の大きさや環境光、いわゆる太陽や室内光を測定するといったことを行うことができます。


ARKitが搭載される以前にも『ポケモンGO』のようにARアプリやARマーカーを読み込んで現実にキャラクターを表示するといったARアプリは存在しましたが、ARKitではさらに「現実空間の構造認識」が一部できることが特徴です。

たとえばARKitによって、デジタルデータの標的を現実に設置し、標的にボールを投げて当てたり、3Dデータで作られた家具をお試しで部屋に置いて、実際の大きさを確認するなどがスマホでできます。ARについて、更に詳しい内容は以下の記事にもまとめてあります。

iPhone/iPadで使えるようになるAR機能でできること

2.ARKitで何ができる?何が良くなる?

ARはエンターテイメント分野だけでなく、日常生活を便利にしたり、医療・製造業などの分野でも注目されています。ARKitでは現実の平面を取得することが可能となりさらに便利に使えるようになりました。例としては下記のようなものがあげられます。

https://www.youtube.com/watch?v=z7DYC_zbZCM

身近な例として、家具の長さを測ったり、買いたい家具を等身大でARで配置してみて大きさを確認するなど、家庭でも利用できるARアプリも数多く登場しています。

https://www.youtube.com/watch?v=R81VNXdncJE

医療分野では、その場に人体のモデルを表示して様々な角度から検証することができます。CTスキャンなどのデータを利用し、手術前に「身体のどこが悪いのか」というデータをARで分かりやすく表示することができます。

https://www.youtube.com/watch?v=MEhWfcg7FLA

製造業でもARの活用は注目されており、車などの完成品を実物大で見ることで、イメージをより詳細に共有できます。また、現実の作業機械を前にして、ARでマニュアルを重ね合わせることにより、修理や製造の効率化を図ることができます。

これら以外にもARKitを使い利便性が向上する分野は多くあり、すでに配信されているアプリも多くあります。

アマゾンもAR アプリに商品を“試し置き”できる機能追加
注文前に、食べ物の大きさや盛り付けを現実に表示して確認
iPhoneを使った画期的なダンスレッスン アプリ開発中

3.ARKitはなにで体験できる?

ここまでARKitの紹介を行ってきました。ARKitはiOS 11に搭載されており、2013年に発売されたiPhone 5S以降の機種が対応しています。それ以前の機種はiOS 11非対応となっていうので注意が必要です。また、2017年に発売されたiPhone X、iPhone 8、iPhone 8 Plusには最初からiOS 11が搭載されています。

ここでひとつだけ注意したいのは「iOS 11に対応していたとしても、ARKitが対応していない機種がある」ということです。ARKitはどのデバイスで利用することができるのかを下の表に記載します。

【iPhoneのiOS 11/ARKit対応・非対応表】

  iOS 11 ARKit
iPhone X 対応 対応
iPhone 8 対応 対応
iPhone 8 Plus 対応 対応
iPhone 7 対応 対応
iPhone 7 Plus 対応 対応
iPhone SE 対応 対応
iPhone 6S 対応 対応
iPhone 6S Plus 対応 対応
iPhone 6 対応 非対応
iPhone 6 Plus 対応 非対応
iPhone 5S 対応 非対応

アップルの開発者向けページによると、ARKitはApple A9以降のプロセッサを搭載しているものにしか対応していないため、iPhone 5SやiPhone 6, iPhone 6 PlusではARKitを使用することができません。iPhone 6S以降のすべてのiPhone(6S, 6S Plus, 7, 7 Plus, SE, 8, 8 Plus, X)がARKitに対応しています。

また同じiOSで動作しているiPadですが、こちらにもARKit非対応の機種があります。下記の表に記載します。

  iOS ARKit
12.9インチ iPad Pro
(第2世代)
対応 対応
12.9インチ iPad Pro
(第1世代)
対応 対応
10.5インチ iPad Pro 対応 対応
9.7インチ iPad Pro 対応 対応
iPad Air2 対応 非対応
iPad Air 対応 非対応
iPad(第5世代) 対応 対応
iPad mini 4 対応 非対応
iPad mini 3 対応 非対応
iPad mini 2 対応 非対応

iPadもiOS 11に対応しています。具体的な機種名を挙げると、iPad Mini 2, 3, 4に加え、第5世代iPad、iPad Air, iPad Air 2およびすべてのiPad ProがiOS 11に対応しています。

iPhone同様にARKit非対応の機種があり、iPad Mini2, 3, 4とiPad Air, Air2は対応しないとのこと。非対応機種でもARKitを利用していないARアプリは使用することができますが、今後はARKitを使用したアプリが相当数リリースされることが予想されます。ARKitに対応したアプリをiPadの大きな画面で体験したい場合は、買い替えが必要になります。

また、本記事執筆時ではiOS 11に対応しているiPodは、2015年に発売された第6世代iPod touchのみ。ですが、このiPod touchはARKitに対応していません。iPodでARKitを通したARを楽しみたい場合、今後第7世代にあたるiPodが発表されることを待つしかなさそうです。

4.すぐに試せるARKit対応おすすめアプリ

ARKitについて理解しており、対応機種を持っている!しかし、どのアプリからやれば良いのかわからない、という人には、下記のリンクにすぐに試せるARアプリが10個掲載されています。ぜひこちらを参考にしてください。

必見!iPhoneで体験できるARアプリ10選

関連するキーワード: ARKitiPhone AR

【上海問屋限定販売】一台でスマホとタブレットに対応可能なスタンド モバイル三脚 販売開始 – ValuePress! (プレスリリース)

上海問屋は、スマホとタブレット両方を固定できるモバイル三脚の販売を開始しました。
スマホを装着し、三脚として通常の撮影やオークション用の商品撮影に使用。タブレットを装着し、動画閲覧や資料作成用のスタンドとして使用するなど、一台二役で使うことができます。
対応サイズは、スマホは4~6インチ(幅60~85mm)、タブレットは7~10インチ(幅120~190mm)。幅広い機種でお使いいただけます。ホルダーは、360度角度調節が可能です。スマとタブレットは、同時に装着することも出来ます。
1台でスマホの三脚とタブレットスタンドに使える2in1で、普段使いはもちろん、旅行先でも便利です。

株式会社ドスパラ(東京都千代田区)が運営、世界中の商品を輸入販売する上海問屋は、スマホとタブレット両方を固定できるモバイル三脚の販売を開始しました。

【スマホとタブレット両方に対応】

 これ1台で、スマホとタブレットの両方を固定できるモバイル三脚です。

 スマホを装着し、三脚として通常の撮影やオークション用の商品撮影に使用。タブレットを装着し、動画閲覧や資料作成用のスタンドとして使用するなど、一台二役で使うことができます。

 対応サイズは、スマホは4~6インチ(幅60~85mm)、タブレットは7~10インチ(幅120~190mm)。幅広い機種でお使いいただけます。ホルダーは、360度角度調節が可能です。スマとタブレットは、同時に装着することも出来ます。

 1台でスマホの三脚とタブレットスタンドに使える2in1で、普段使いはもちろん、旅行先でも便利です。

※本製品は組み立て式です。

【上海問屋限定販売ページ】

モバイル三脚

DN-915105

1,499円(税込)

本店

https://www.donya.jp/item/74989.html

ドスパラ通販

http://www.dospara.co.jp/5shopping/detail_parts.php?ic=449321

※画像の備品は商品に含まれません。

【製品仕様】

対応サイズ・・・・ スマホ:幅60~85mm(4~6インチ)

                      タブレット:幅120~190mm(7~10インチ)

サイズ・・・・・・ 高さ223 × 幅220mm 

重量・・・・・・・ 約200g 

カメラネジ穴 ・・・1/4-20UNC(インチ) 

材質・・・・・・・ アルミ、金属、プラスチック等 

付属品・・・・・・ 三脚、ワッシャー、雲台、ホルダー 

製品保証・・・・・ お買い上げ後 初期不良2週間 

【製品画像】

https://www.donya.jp/donya_shelf/item/item34/2017-1214-2801-6.jpg

内容は予告なく変更になる場合がございます。予めご了承ください。

___________________

このリリースに関するお問い合わせは下記までお願い致します。

株式会社ドスパラ 広報部 佐久間 康子

Tel:03-5294-2043 携帯:090-2922-4621 Fax:03-5298-7266

商品お問い合せ先E-mail: sakuma@twave.co.jp

Facebook公式ページ https://www.facebook.com/shanghaidonya/

___________________

iPhone Xにエッジを効かせる職人仕上げのバンパー – ASCII.jp


 職人が手作業で仕上げるアルミバンパー「Cleave Aluminum Bumper Virtue for iPhone X」をご紹介。

 高級素材と高品質な仕上げに定評のあるDeffの人気バンパーシリーズにiPhone X用が登場。素材は信頼性が高く軽量なA6063アルミニウム合金。ブロックの状態からCNC切削加工で贅沢に削り出したものを、職人の手作業でひとつひとつ表面処理。カラーアルマイト処理・サンドブラスト仕上げの落ち着いた美しさが光ります。

 デザイン策定時に「アルミバンパーとは何か?」と、原点を見つめ直したというこのバンパー。持ちやすさと保護性能を確保しながら、エッジを効かせてオリジナリティーを演出する、湾曲した線を意識したデザインに仕上げました。また、ラッチやボタン類はバンパーの形状に合うようにデザイン。装着時の一体感を強く出しています。

 “装着したまますべてのボタン操作が可能”、これはDeffの高級バンパーに共通するデザインコンセプトです。もちろん充電やデータ転送のためのケーブル接続も可能。

 着脱は特殊な工具や部品が不要な独自方式「QuickLock」を採用。いつでも自由にバンパーを着脱できます。製品を固定するラッチ構造も、より脱着しやすい形状を追求しています。

 また、装着した際にバンパーと本体に段差ができる形状を採用。ディスプレーや背面はテーブルなどに直接触れることがなく、細かなすり傷がつきません。本体下部には、お好みのストラップを付けられるストラップホールも搭載しています。

 アスキーストアでは7980円(税込)で予約受付中。さらに詳しい仕様はアスキーストアでチェックしてください。

【iPhone X】人気アルミバンパー、Cleaveシリーズにニューライン Cleave Aluminum Bumper Virtue for iPhone Xをアスキーストアで注文
アスキーストアで購入


 このほかにも、アスキーストアでは一工夫あるアイテムを多数販売中。アスキーストアの公式TwitterFacebookメルマガでは、注目商品の販売開始情報をいち早くゲットできます! これであなたも買い物上手に!?



カテゴリートップへ

この連載の記事

Quick Charge 3.0搭載、AUKEY USB充電器PA-T11はスマホ、タブレットなど一気に6台まで対応 – PR TIMES (プレスリリース)

 複数充電ポートを搭載しており、家族全員の全て機器を同時に急速充電可能、これ一台でぱっちり解決されます。小型のサイズは家族旅行、自宅、職場用などに最適です。

商品特徴
1.急速充電
Qualcomm Quick Chargeテクノロジー3.0を採用しており、充電スピードは従来のQuick Charge 2.0と比較して45%早めに急速充電可能です。お使いの端末への充電時間が短縮できます。

2. 優れた互換性
従来のQuick Charge1.0/2.0との後方互換性あります。Quick Chargeに非対応の携帯端末も通常充電可能です。
iPhone、android、タブレット、Bluetoothスピーカー、ヘッドフォンなどの全てのUSB端末に対応します。

3. 安心で安全
過充電/過放電/発熱時保護機能がついて、パワフルかつ安全な充電を提供できます。いつでも安心でご利用いただけます。

4. AiPower搭載
出力ポートがAiPowerテクノロジーを採用しており、どの出力ポートにも最も適切な電流を提供できます。充電はもっと簡単になります。

5. コンパクトなボディ

6.パッケージ内容

商品仕様

  • テクノロジー Quick Charge 3.0 & AiPower
  • 入力 AC 100-240V 1.5A
  • 出力 1-4 DC 5V2.4A/各ポート(最大) DC 5V6A/4ポート合計(最大)
  • 出力 5-6 DC 3.6V-6.5V/3A,6.5V-9V/2A,9V-12V/1.5A
  • パワー 60W

商品内容

  1. 6ポートUSB急速充電器PA-T11x1
  2. 着脱式電源コードx1
  3. 取扱説明書x1
  4. 二年間安心保証カードx1

販売価格
3599円(税込)

商品ページ
https://jp.aukey.com/products/6-port-charging-station-with-quick-charge-3-0-pa-t11

キャンペーン情報

2017年12月15日(金)~2017年12月21日(木)

商品名 URL 税込セール特価 クーポンコード
AUKEY 6ポートUSB急速充電器PA-T11 http://amzn.to/2BZY6H1 ¥3,059 AUKPAT11

ご注意:

※クーポンは1つのアカウントで1回のみ有効、1回の注文で1枚ご利用いただけます。

※限定数に達しましたら、有効時間以内でも、クーポンが無効となります。予めご了承ください。

AUKEYについて


   AUKEY(オーキー)は、10年以上のハードウェア開発の経験を有し、先端技術を採用して信頼性の高い家電製品とスマートフォン周辺機器を開発・生産しております。私たちは細部にこだわって実用性も備えた製品の提供に努めている技術チームです。USB-Cアクセサリからスマホレンズ、Bluetoothオーディオ製品まで、私たちはより快適なデジタルライフを提供するため、製品ポートフォリオを継続的に開発および拡張していきます。

  AUKEYはAmazonトップグローバルセラーであり、日本、アメリカ、イギリス、ドイツ、カナダ、フランス、スペインなどを中心に20カ国以上で販売しております。お客様にご満足いただけるよう商品づくりを目指し、2年間安心保証、より良いサービスをご提供できるように努めております。

公式サイト:https://jp.aukey.com/

Twitter:https://twitter.com/AUKEY_jp

Facebook:https://www.facebook.com/Aukey.jp

AUKEY JAPAN (メーカー直営店):http://bit.ly/AUKEYJAPAN

スケジュール管理は手帳orスマホどっち派? 現役大学生のスケジュール管理術 – ニコニコニュース

大学生になると、学校やバイト、サークル、友人とのつき合いなど、たくさんの予定が増えますよね。忘れてしまってはいけないので、なにかに記録しているという人がほとんどでしょう。以前はスケジュール管理というと手帳が主流でしたが、今ではスマートフォンのカレンダーアプリやパソコンなど、さまざまな管理方法があります。デジタルネイティブ世代の大学生では、なにを使ってスケジュールを管理しているのでしょうか? 今回は、大学生が予定を管理するツールについて調査してみました。

タブレット端末を持っている学生は20%! 意外と便利なタブレット端末の魅力とは

■スケジュール管理をするときにメインで使っているものを教えてください。

1位 紙の手帳 491人(48.6%)
2位 スマートフォンのカレンダーやアプリ 362人(35.8%)
3位 PCのカレンダー 51人(5.1%)

半数近くの大学生が、従来からある紙の手帳を利用していました。紙の手帳は、なんといっても簡単に自由にかけることが魅力ですよね。いつも持ち歩くスマートフォンのカレンダーやアプリを利用していたのは、3人に1人にとどまっています。また、PCのカレンダー機能も利用しているという人もいました。普段からPCを使っている人には便利なのかもしれません。

■使いやすさや簡単さから紙の手帳の人気が続く

紙の手帳、スマホ、PCそれぞれにメリットがあると思います。紙の手帳は、「手で書いた方が安心感がある(男性/20歳/大学3年生)」と考えている人が多く、予定の確認がしやすいことで支持されていました。また、「スマホだとデータが消えてしまったりしたときに困るから(女性/22歳/大学4年生)」という心配も聞かれました。電池切れのときにも見れなくなってしまいますよね。

一方、スマホで管理する人では、予定の変更が簡単だということに加え、「通知もしてくれるから(男性/24歳/大学院生)」という理由があげられました。アナログにはない利便性ですね。PCを使っている人は、PCをいつも触っているからということでしたが、「複数デバイスで共有できるから(男性/22歳/大学3年生)」とPCとスマホの連携を前提に使っている人もみられました。

今回のまとめ:簡単にスケジュールが記録できるかが焦点に!

ポイント1. スケジュール管理は半数以上の大学生が紙の手帳を使用

普段からスマートフォンを使っている大学生はかなり多いにもかかわらず、予定の管理はアプリではなく、紙の手帳のほうが多数派でした。スマホの操作も簡単とはいえ、手書きの簡単さと確実さには敵わないようです。また、紙の手帳はチケットやシールを貼ったりなど、手帳に書くことそのものが楽しめるという魅力も見逃せませんよね。しかし、スマホのアプリでは通知や共有などの便利な機能もあります。どちらかにこだわらず、シチュエーションや自分の好みに応じて使いわけるのが賢いのかもしれません。

文・学生の窓口編集部

マイナビ学生の窓口調べ
調査期間:2017年12月
調査人数:大学生男女1,010人(男子大学生502人 女子大学生508人)

iPhone XでなくてもiPhone X専用着信音が使える – ITmedia

ニュース

» 2017年12月14日 08時40分 公開



iTunes Storeで、iPhone Xの専用デフォルト着信音「反射」が販売されている。


[MACお宝鑑定団]

MACお宝鑑定団


 Ring Blingが、iTunes Storeで、iPhone Xの専用デフォルト着信音「Reflection」(反射)を販売している。

photo
iTunes Storeで販売

 この着信音を購入することで、iPhone X以外でも着信音として利用可能になる。

 購入した着信音は、設定>サウンドと触覚>サウンドとバイブレーションのパターンで、変更したい項目を選び、Reflectionを選択することで変更できる。

photo
着信音の選択画面


Copyright (C) 1998 Mac Treasure Tracing Club. All rights reserved.

‘; html += ‘

‘; e_dlv.innerHTML = html; cX = cX || {}; cX.callQueue = cX.callQueue || []; cX.callQueue.push([ ‘insertAdSpace’, { adSpaceId:’000000016415d712′, width:’100%’, height:190, initialHorizontalAdUnits:1, initialVerticalAdUnits:1, resizeToContentSize:true, renderTemplateUrl:’//cdn.cxpublic.com/20171129_fd49554_3.html’ } ]); }; var insert_ok = function(_target,_str){ e_body.insertBefore(e_dlv,_target); set_dlv(); }; var insert_ng = function(_str){ e_dlv.style.display = ‘none’; }; var main = function(){ var e_nodes = e_body.childNodes; // BODY 直下子要素 var e_tags = []; // BODY 直下タグ var p_num = []; // BODY 直下 P タグ位置 var p_target_num; // 枠挿入基準位置 var o_float = {}; // 回り込み要素 var o_this = {}; // アクティブタグ var o_next = {}; // アクティブタグの次のタグ var flag_insert = 0; // 挿入フラグ // 回り込み要素チェック var check_float = function(_e){ var e = 0; if(_e.id.match(/^col¥d{3}(l|r)$/)){ e = _e; } return e; }; // 要素の Y 座標と高さの合計値 var get_element_y = function(_e){ var ey = 0; var eh = _e.offsetHeight; while(_e){ ey += _e.offsetTop; _e = _e.offsetParent; } return ey + eh; }; var check_ptag = function(_e){ var e = 0; if(_e.tagName && _e.tagName === ‘P’){ e = _e; } return e; }; var try_insert = function(){ p_target_num = Math.floor(p_num.length / 2) – 1; if(p_target_num >= _maxrange) p_target_num = _maxrange; for(var i = p_num[p_target_num]; i = _threshold){ try_insert(); }else{ insert_ng(‘P タグ ‘ + _threshold + ‘ 以下’); } }; if(e_body){ main(); }else{ insert_ng(‘記事本文なし’); }
})(document,4,5);

Apple、iPhone XのTrueDepthカメラを支える技術に3億9000万ドルの投資 – マイナビニュース

米Appleは12月13日 (現地時間)、同社の投資プロジェクト「Advanced Manufacturing Fund」を通じて、光学コミュニケーション部品を開発・製造する米Finisarに3億9000万ドルを投資する計画を発表した。Appleは、FinisarのVCSEL (Vertical-Cavity Surface-Emitting Laser)を「iPhone X」のTrueDepthカメラやAirPodsの近接認識機能に採用している。

Advanced Manufacturing Fundは、米国の先端的な製造技術の成長をサポートし、米国の製造業で新たな雇用を創出するためにAppleが設立した。今年5月に、最初の投資先としてガラス製品大手の米Corningへの2億ドルの投資を発表。Corningは、ケンタッキー州ハロッズバーグの製造施設で、研究・開発、設備投資、最先端のガラス処理の強化に資金を活用している。

Appleが人々のライフスタイルや社会を変えるような製品を開発していくのに必要な技術分野に投資し、米国の雇用創出にもつなげるのがAdvanced Manufacturing Fundの狙いである。同社は今年後半に発売した「iPhone X」の前面にTrueDepthカメラを搭載し、従来にないスピードと高い精度で顔認識を実現した (Face ID)。TrueDepthカメラが顔の深度マップを作成するのに用いられている技術の1つがVCSEL (垂直共振器面発光レーザー)だ。従来の端面発光型レーザーに比べて、VCSELはよりコンパクトで低コストなソリューションになる。深度認識はAppleが注力するAR (拡張現実)にも欠かせないため、これからのApple製品においてVCSELが果たす役割は非常に大きい。しかしながら、今年の夏にiPhone Xの製造トラブルが報じられた際に、VCSEL部品の製造がボトルネックになっていると指摘された。Appleによると、同社は2017年第4四半期に、前年同期に世界規模で生産された量の10倍ものVCSELウエハを購入する予定だ。

そうしたVCSELウエハの需要増に対応するために、Finisarはテキサス州シャーマンで長く閉鎖状態だった700,000平方フィートの製造工場を最先端のVCSEL部品製造施設として再稼働させる。2018年後半の製品出荷を目指しており、同製造施設では約500人の雇用を創出、先端的な製造技術者の育成にもつなげる。AppleがFinisarから購入するVCSEL部品は全てが米国製造施設で製造されたものになる予定だ。