新iPod touch、前モデルからどこが変わった?

プロセッサー? Apple Music?

2015年07月16日 15時10分更新

文● 貝塚/ASCII.jp編集部


 アップルが7月16日、新型の「iPod touch」を発売した。直販価格は、16GBが2万4800円、32GBが2万9800円、64GBが3万6800円、128GBが4万8800円(それぞれ税別)で、64bit CPU「A8」チップおよび「M8」モーションコプロセッサーを採用した点、OSの刷新によりApple Musicをサポートした点が特徴だ。

 2012年9月に発売となった第5世代からおよそ3年ぶりとなる新iPod touch、購入を検討している方も多いのではないだろうか? 以下の表に新iPod touchと第5世代iPod touchの主な仕様の違いをまとめた。購入時の参考にしてほしい。

ディスプレー 4型(1136×640ドット)Retina 4型(1136×640ドット)Retina
プロセッサー A8(64bit) A5(32bit)
コプロセッサー M8 なし
iSightカメラ
(アウト/イン)
8メガピクセル/1.2メガピクセル 5メガピクセル/1.2メガピクセル
ワイヤレスモジュール IEEE 802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.1 IEEE 802.11a/b/g/n、Bluetooth 4.0
本体サイズ およそ幅58.6×奥行き123.4×高さ6.1mm およそ幅58.6×奥行き123.4×高さ6.1mm
重量 およそ88g およそ88g(16GBのみ86g)
OS iOS 8 iOS 6(発売時)
容量 16GB、32GB、64GB、128GB 16GB(ブラック&シルバーのみ)、32GB、64GB
カラー スペースグレイ、
ゴールド、シルバー、
ピンク、ブルー、
レッド
ブラック&シルバー(16GBのみ)、
ブラック&スレート、
ホワイト&シルバー、
ブルー、ピンク、
イエロー、レッド
価格(税抜き) 2万4800円(16GB)、
2万9800円(32GB)、
3万6800円(64GB)、
4万8800円(128GB)
2万2800円(16GB)、
2万9800円(32GB)、
3万9800円(64GB)

■関連サイト



カテゴリートップへ


月額制ストリーミング「Apple Music」開始で喜ぶ人、困る人

WWDC 2015 – アップル開発者イベントでなにが出る!?
第13回

日本では受け入れられるか?

2015年06月16日 19時00分更新

文● 貝塚/ASCII.jp編集部


アップルがApple Musicを開始

 アップルが現地時間の6月8日、月額制の音楽ストリーミングサービス「Apple Music」を発表しました。アメリカでは月額9.99ドル(およそ1240円)で提供され、契約中はiTunes Storeに登録されている楽曲を無制限に再生可能となります。Apple Musicはストリーミング以外にネットラジオ「Beats 1」、SNS「Connect」という2つの要素をふくんだ複合的なサービスとなりますが、まず、定額制の音楽ストリーミングサービスについて考えてみたいと思います。

定額制配信、日本でも受け入れられるか?

 iTunes Storeが国内でサービスを開始してから、音楽をダウンロード購入することは徐々に一般的な行為になりました。過去、CDによる販売だけでなく、ダウンロードによる配信が市民権を得たことを考えると、国内でもストリーミングサービスが台頭してくる可能性は十分にあります。

 アメリカ、ヨーロッパを中心とした海外はSpotifyのような定額制音楽ストリーミングサービスがすでに人気を集めていますし、米音楽大手のワーナーは2015年第二四半期の決算報告で、ストリーミングによる売り上げがダウンロードを超えたと発表していることから、米国ではストリーミングを利用するユーザーががダウンロード購入するユーザーを超えようとしている段階にある、と見ることもできます。

日本語版公式サイトには「まもなく登場」の文字。国内でも開始すると見て間違いなさそう

 膨大な楽曲の中から、1曲あたり100〜250円でダウンロード購入していたものが、月額1000円と少しですべて聴けるようになるのは、いずれにせよ、リスナーにとっては大きな魅力です。ダウンロード購入が台頭し始めた頃は「かたちがないなんて」という声も多くきかれましたが、今は「使ってみると便利だった」「本当に好きなアーティストの作品以外はダウンロードで済ませる」という意見も当たり前に聞くようになりました。

 ストリーミングサービスの最大の魅力は、「いいよ」と人に勧められた音楽や、見かけて気になった音楽を、借りたり、買ったりせず、すぐに聴けるというところにあると思います。つまり、まだ聴いたことのない音楽を聴きたいと思ってから聴くまでのスピードが格段に速くなり、その量も、増やそうと思えば増やそうと思うほど増やせるという部分にあると思います。

 「本当に好きなアーティストはCDやレコードで買い、興味のあるアーティスト、聴いてみたいアーティストはレンタルやダウンロードで済ませる」というスタイルで音楽を楽しんでいる人は多いと思いますが、レンタルやダウンロードにあたる部分がストリーミングに成り代わるのを想像すると、どうでしょう。リスナーにとっては、メリットの方が多いように思えないでしょうか。



この特集の記事

引っ越しから活用まで、iPhone 6/6 plusを最大限に生かす最新Tips!

引っ越しから活用まで、iPhone 6/6 plusを最大限に生かす最新Tips!

2014年10月16日 13時00分更新

文● 外村克也(タトラエディット)

 発売からもうすぐ1ヵ月が経とうとしている今でも国内の販売台数ランキングでも上位を独占しているiPhone 6/6 plus。その人気はすさまじい。

 すでにお持ちの人はもちろん、これから買おうと検討している読者もいるのではないだろうか?

 そこで本特集では全3回に渡って、iPhone 6/6 plusへのスムーズな移行方法から便利な使い方、一緒に使うと便利な製品などを紹介していく。

iPhone/iPadで「nasne」をトコトン楽しむ!

ASCII.jp:iPhone/iPadで「nasne」をトコトン楽しむ!

このページの本文へ





  • iPhone/iPad&「nasne」でできること・できないこと

    2013年02月15日 12時00分

    この特集では4回にわたり、ソニーコンピュータエンタテインメントの「nanse」を対象として、Apple製品でテレビを楽しむ方法を探っていく。第4回は、nasneでできること/できないことと、iPad用アプリ「RECOP…



  • iPhone/iPad用「Twonky Beam」で録画済み番組を再生

    2013年02月14日 12時00分

    本稿では4回にわたり、ソニーコンピュータエンタテインメントの「nanse」を対象として、Apple製品でテレビを楽しむ方法を探っていく。第3回は、Twonky Beamからnasneのコンテンツを利用する方法について解説…



  • 「nasne」をMac/iPad/iPhoneで管理・予約録画

    2013年02月13日 12時00分

    この特集では4回にわたり、ソニーコンピュータエンタテインメントの「nanse」を対象として、Apple製品でテレビを楽しむ方法を探っていく。第2回では、Mac/iPhone/iPadでnasneをセットアップする方法を紹介…



  • iPhone/iPad&「nasne」こそ最高のテレビ視聴環境だ

    2013年02月12日 12時00分

    大人気のネットワークレコーダー&メディアストレージ「nasne」(ナスネ)。この特集では、4回にわたって、nanseとiPhone/iPad/MacなどApple製品を組み合わせ、地上/BS/110度CSデジタル番組を楽しむ方…





Apple Store オススメ製品


関連記事

  • Mac/iPod バナー Apple掘り出し物はこちら
アスキーストア’s 人気ランキング ベスト5


iPhone 5を持っている俺たちにビデオカメラは必要なのか!?

iPhone 5を持っている俺たちにビデオカメラは必要なのか!?

2013年01月24日 12時30分更新

文● 鳥居一豊


イメージ

 2013年になって一番早いタイミングで発表されたデジタル製品は、フルHDビデオカメラだった。メーカー各社がこぞって新製品をリリースしたが、一方で今や動画は「iPhone」で撮る、という人も多いと思う。

 特に、昨年発売された「iPhone 5」のカメラの性能には定評があり、あるカメラマンは「下手なデジタル一眼を使うよりもきれい」と評価する。

 もちろん、だからといってiPhone 5がビデオ撮影専用機に勝てるとは思わない。しかし、厳しい環境下(暗所や足元が揺れる場所など)どこまでならiPhone 5で十分で、どこまではビデオカメラが必要か、興味の湧くところ。

 そこで、本特集では最新のビデオカメラを紹介しつつ、iPhone 5と比較してその“限界点”を探っていきたい。

最新ビデオカメラ紹介

画質を比較してみる

最新ビデオカメラの機能をチェック

特集で紹介するビデオカメラ


ソニー最上位機「HDR-PJ790V」

ソニーのスタンダードモデル「HDR-CX430V」
ソニー最上位機「HDR-PJ790V」(実売価格15万円前後、発売中) ソニーのスタンダードモデル「HDR-CX430V」(予想実売価格8万5000円前後、1月25日発売)


キヤノンの高画質仕様モデル「iVIS HF G20」

キヤノンのスタンダードモデル「iVIS HF R42」
キヤノンの高画質仕様モデル「iVIS HF G20」(予想実売価格11万円前後、2月下旬発売) キヤノンのスタンダードモデル「iVIS HF R42」(予想実売価格5万5000円前後、2月下旬発売)


JVCケンウッドのハイエンドモデル「GZ-VX895」

JVCケンウッドのスタンダードモデル「GZ-E565」
JVCケンウッドのハイエンドモデル「GZ-VX895」(予想実売価格9万円前後、1月下旬発売) JVCケンウッドのスタンダードモデル「GZ-E565」(予想実売価格7万円前後、1月下旬発売)


カテゴリートップへ



iPhone 5で使いたい特選ヘッドフォン&ポータブルアンプ 2012秋

iPhone 5で使いたい特選ヘッドフォン&ポータブルアンプ 2012秋

2012年11月21日 12時30分更新

文● 鳥居一豊

 iPhone 5発売後、(別に呼応しているわけではないのだが)ヘッドフォンの新製品がさまざまなメーカーから続々と登場している。iPhoneで音楽を聴いている人を街中で見かけることも多くなり、iPhoneとヘッドフォンの親和性は高くなっている。

 最近のヘッドフォンはケーブルの途中に操作用リモコンを装着する製品が増えているが、そのほとんどはiPhone対応をうたい、いくつかの製品はAndroidにも対応しているという具合だ。

 本特集では、iPhone 5に買い換えたんだから、ヘッドフォンも新しくしちゃえ! と考えているユーザーに向けて最新のヘッドフォンを紹介する。

 さらに、いいヘッドフォンを購入してもiPhoneではその実力を最大限発揮できない、と考えるユーザーのためにポータブルヘッドフォンアンプについても紹介していく。

 すべての製品を紹介することはできないが、今回紹介する製品は以下の通り。気になる製品があったらチェックしてみてほしい。