動画配信もおまかせ! PUBGを遊べる低コストPCを組み立てる

コスパ&コスト重視の秋のPC自作レシピ
第1回

2017年10月16日 12時00分更新

文● 藤田 忠 編集●北村/ASCII編集部

 限られた予算内でパフォーマンスをなるべく落とさず、用途に適したPCを組めるPC自作。安いが品質、性能の悪くないパーツをチョイスするなど、構成パーツの選定は難しくなるが、そこは日々、最新パーツに触れるショップスタッフに、相談すれば問題解決。

 秋葉原の「パソコンショップ アーク」、「パソコン工房 秋葉原 BUYMORE店」、「TSUKUMO eX.」のスタッフに、オフィスワークや家族のメール、ウェブ、動画視聴などの日常作業向けPCや、その人気は留まることを知らない「PUBG」こと、「PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS」のプレイを想定したゲーミング向けPCの構成を考えてもらった。

PUBGもプレイ動画の録画・配信もおまかせ!
コスパグッドなRyzen 5で組むゲーミングPC

 1回目で紹介する構成は、「パソコンショップ アーク」のスタッフYさんが、実際に「PUBG」を快適にプレイしているPC構成を元にしたAMD「Ryzen」搭載のゲーミングPCレシピだ。



メインストリートから若干離れた末広町駅よりにある「パソコンショップ アーク」。高信頼なSanMax製やオーバークロックモデルなど、メモリーの取り扱いも豊富 ゲーム好きのスタッフが多いのも特徴。ゲーミングデバイスなどの購入相談もしやすい

 ゲームプレイの実況配信は行なっていないが、自身のベストプレイを残すために、プレイを録画しているというYさん。「PUBG」だけでなく、6コア/12スレッドの「Ryzen 5 1600X」搭載PCで、ゲームの快適プレイ&録画を楽しんでいるとのこと。


6コア/12スレッドのRyzen 5 1600Xで、ゲームも編集系作業も快適に

 Yさん愛用の定格3.6GHz、ブーストクロック4.0GHz動作で6コア/12スレッドCPUの「Ryzen 5 1600X」に、X370マザーボードやハイエンドGPUの「GeForce GTX 1070」、NVMe M.2 SSD、1TB HDD、それにCPUのオーバークロックを楽しめるサイドフローCPUクーラーなどで構成。

 Windows 10を含めると、総額は18万円を超えてしまうが、「PUBG」などのゲームを快適にプレイしつつ、プレイ動画の録画、さらには編集作業もスムーズに行なえる構成になっている。

CPU AMD「Ryzen 5 1600X」
(6コア/12スレッド、定格3.6GHz、ブーストクロック4.0GHz)
2万9612円
CPUクーラー CRYORIG「H5 UNIVERSAL」 6000円
CPUクーラー
リテンション
CRYORIG「AM4 UPGRADE KIT TYPE A」
(Socket AM4用リテンションキット)
700円
マザーボード ASRock「Fatal1ty X370 Gaming K4」
(Socket AM4、X370、ATX)
1万9426円
メモリー SanMax「SMD4-U16G48M-24R-D」
(DDR4-2400、8GB×2枚)
1万3399円
SSD Western Digital「WDS256G1X0C」
(WD Black PCIe 256GB、M.2 NVMe)
1万3195円
HDD 東芝「DT01ACA100」(1TB、SATA3) 4334円
光学ドライブ   なし
ビデオカード ZOTAC「GeForce GTX 1070 Mini 8GB」
(GeForce GTX 1070、GDDR5 8GB)
5万980円
PCケース Antec「P100」(ATX) 9241円
電源ユニット Cyonic「AU-650X」(80PLUS GOLD 650W) 9880円
小計(税抜)   15万6767円
消費税   1万2541円
総額(税込)   16万9308円

※価格は10月7日調べ。店頭価格ならびに在庫を保証するものではありません。

パソコンショップ アークのスタッフYさんチョイスの「PUBG」構成





この特集の記事

デュアル水冷の小型ゲーミングPC「CORSAIR ONE PRO」がデビュー!

CORSAIR「CORSAIR ONE PRO」

2017年10月14日 23時39分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

 CORSAIRから、小型筺体にハイエンドパーツを詰め込んだゲーミングPC「CORSAIR ONE PRO」が登場。販売がスタートした。先日開催された東京ゲームショウ2017でも展示されていた製品だ。



小型筺体にハイエンドパーツを詰め込んだゲーミングPC「CORSAIR ONE PRO」。パッケージはそれなり大きい

 「CORSAIR ONE PRO」は、サイズ176(W)×380(H)×200(D)mm、重量約7.4kg。というコンパクトな筐体に、Kaby Lakeの最上位CPU「Core i7-7700K」を搭載。ビデオカードにGeForce GTX 1080 Tiを採用した「CORSAIR ONE PRO GTX 1080 Ti 搭載モデル」(型番:CS-9000009-JP)と、GeForce GTX 1080を採用した「CORSAIR ONE PRO GTX 1080搭載モデル」(型番:CS-9000011-JP)の2モデルをラインナップする。

 内部はZ270チップ搭載のMini-ITXマザーをベースに、CPUとビデオカードをデュアル水冷化。両サイドから吸気しトップファンから排熱する独特のエアフロー構造で、優れた静音性と冷却性能を実現したという。

VRおよび4K解像度に対応したハイエンドゲーミングPCがここまで小型に。容積12L、航空機グレードのアルミ筺体にパーツが凝縮されている

 CPUとビデオカード以外のスペックも豪華だ。アルミニウム製ヒートスプレッダを装備したDDR4-2400 16GBメモリーのほか、メインストレージに高速の480GB M.2 NVMe SSD、データストレージに2TBのHDDを搭載。日本メーカー製105度コンデンサーを採用するSFX電源は、80PLUS GOLD認証の500Wモデル(GeForce GTX 1080モデルは400W)を装備している。



外装は摩耗に強く、指紋がつきにくいマット加工済み。価格は高いがスペックは申し分ない

 そのほか、IEEE802.11ac対応Wi-FiやBluetooth 4.2、USB 3.1 Type-Cを含む計7基のUSBポートを搭載。フロントにはVRヘッドマウントディスプレーの接続に最適なHDMI 2.0出力を装備するなど充実したインターフェースを誇る。なお、OSはWindows 10 Home。

 価格は「CORSAIR ONE PRO GTX 1080 Ti 搭載モデル」が35万6400円、「CORSAIR ONE PRO GTX 1080搭載モデル」が30万2400円。パソコンショップアークやツクモパソコン本店、TSUKUMO eX.で販売中だ。

【関連サイト】

【取材協力】



カテゴリートップへ


高耐久HDD「WD Gold」に最大容量の12TBモデルが追加

Western Digital「WD121KRYZ」、「WD8003FRYZ」

2017年10月14日 23時01分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

 Western Digitalのデータセンター向け高耐久HDD「WD Gold」シリーズから、容量12TBモデル「WD121KRYZ」が登場。同じく初登場の8TBモデル「WD8003FRYZ」とともに、パソコンショップアークとパソコン工房秋葉原BUYMORE店で販売中だ。



データセンター向け高耐久HDD「WD Gold」シリーズに最大容量の「WD121KRYZ」が登場

 「WD Gold」シリーズは、データセンター、エンタープライズサーバー向けの高耐久モデルで、「HelioSeal」技術を採用したヘリウム充填タイプ。1年あたり最大550TBのデータが処理できるように設計され、RAIDに有効な時限エラー回復機能(TLER)、動的フライハイト技術、デュアルアクチュエーター技術などを備える。

「HelioSeal」技術を採用したヘリウム充填タイプ

 主なスペックは、インターフェースがSATA3.0(6Gbps)、回転数は7200rpm、キャッシュ容量256MB、転送速度は255MB/sec(8TBモデル「WD8003FRYZ」は225MB/s)。消費電力はアイドル時5.0W/読み書き時6.8W~7.0W、動作音は20~36dBA。



データセンター向けモデルのため、他の12TBモデルと比較すると価格は高め

 価格は12TBモデル「WD121KRYZ」が6万9800円、8TBモデル「WD8003FRYZ」が4万7800円だ。

【関連サイト】

【取材協力】



カテゴリートップへ


CRYORIGの人気水冷クーラーにRyzen対応モデルが加わる

CRYORIG「A40 V2」、「A40 Ultimate V2」、「A80 V2」

2017年10月14日 22時30分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

 CRYORIGのオールインワン水冷クーラー「A」シリーズに、Socket AM4リテンションキットが付属するRyzen対応モデル「A V2」シリーズが登場した。



CRYORIGのオールインワン水冷クーラーにSocket AM4リテンションキットが付属。新たに「A V2」シリーズとなった

 「A V2」シリーズの特徴は、水冷ヘッド部に70mmサイズの冷却ファン(回転数1500~3000rpm±10%/ノイズレベル15~27dBA/風量25CFM)を搭載する点。これにより、水冷タイプのCPUクーラーでありがちなCPU周辺のエアーフローを改善。電圧レギュレーターやメモリー、隣接するビデオカードなど、熱のこもりやすいCPU周辺部の冷却も可能とした。

 なお、ヘッド部のファンは、差し込み方向によりアップとダウンの2方向へ調節可能。ダウンエアーではCPUを中心としたマザーボードエリアへのクーリングファンとして、アップエアーではビデオカード方向へのサーキュレーターファンとして効果を発揮する。

Socket AM4リテンションキットが付属する以外は変更なし。水冷ヘッド部に70mmサイズの冷却ファンが付くのも従来通りだ

 今回発売した「A V2」シリーズと従来の「A」シリーズは、Socket AM4リテンションキットが付属するのが違い。ラインナップおよび価格は、全長272mm/厚み25mmのラジエーターに120mmファン(回転数600~2200rpm/ノイズレベル13~37dBA)×2基を搭載する「A40 V2」が2万480円、同じく全長272mmで厚みが38mmのラジエーターに120mmファン×2基を搭載する「A40 Ultimate V2」が2万2480円。

 さらに上位モデルの全長311mmラジエーターに140mmファン(回転数600~1850rpm/ノイズレベル13~37dBA)×2基を搭載する「A80 V2」が2万2480円となる。

 パソコンショップアークやオリオスペック、ツクモパソコン本店、TSUKUMO eX.で販売中だ。

【関連サイト】

【取材協力】



カテゴリートップへ


珍しい産業用microSDカードの日本語パッケージ版が一般流通

SanDisk「Industrial microSD Card」

2017年10月13日 22時56分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

 高い信頼性と耐久性を実現したという産業用microSDカード「Industrial microSD Card」がSanDiskから登場。テクノハウス東映と東映ランドで販売中だ。



高い信頼性と耐久性を実現したという産業用microSDカード「Industrial microSD Card」

 「Industrial microSD Card」は、幅広い動作要件において高い信頼性、耐久性、そして高頻度の記録を必要とする産業用microSDカード。監視カメラ、運輸、製造業のIoTゲートウェイ、工場自動化、ネットワーク装置などに最適としている。

本体カードは、高耐久シリーズで採用されるホワイトカラー。スピードクラスClass 10をサポート

 本体カードは、高耐久シリーズで採用されるホワイトカラーで、スピードクラスClass 10をサポート。シーケンシャルリード/ライトともに20MB/秒、耐久性は最大192TBW、動作温度-25度~85度。



同クラスの製品と比べると価格は高めだ

 価格は32GBモデルが3380円、64GBモデルが6750円。ちなみに、「Industrial microSD Card」のバルク版で8GBと16GBモデルが9月に発売済みだ。

【関連サイト】

【取材協力】



カテゴリートップへ


ハイレゾ対応のゲーマー向けヘッドセットがROCCATから

ROCCAT「Khan PRO」

2017年10月13日 22時18分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

 ゲーミングデバイス業界初というハイレゾ対応ゲーミングヘッドセット「Khan PRO」がROCCATから発売された。カラーはブラックとホワイトの2色。



ハイレゾ対応ゲーミングヘッドセット「Khan PRO」。ゲーミングデバイス業界初という触れ込みだが、果たして性能はいかほどか?

 「Khan PRO」は、ハイレゾ対応で「高品質な高音、中音、低音を実現し、相手の位置をピンポイントで簡単に感知できる」というゲーミングヘッドセット。ドライバーの口径は大型の50mm。周波数特性は10Hz-40kHzのほか、インピーダンス25Ωというスペックだ。

「Khan PRO Black」。ドライバーの口径は大型の50mm。イヤーカップは95度の回転が可能でフィットしやすい

 イヤーカップは95度の回転が可能でフィットしやすい形状。イヤーパッドは合皮の形状記憶イヤーパッドを採用するほか、カップ部にはボリュームコントロールダイヤルを装備。イクミュートはマイクを折りたたむことにより自動でミュートになる。

「Khan PRO White」。モバイル機器用の4極変換ケーブルが付属するので、ゲーム以外のシーンでも利用できる

 コネクター形状は3.5mmデュアルプラグでモバイル機器用の4極変換ケーブルが付属。ケーブル長は2.45m。本体重量が230g(ケーブル除く)と軽量な部類で、長時間使用するゲーマーにはうれしい。

 価格は1万3317円。パソコンショップアークやツクモDOS/Vパソコン館、TSUKUMO eX.で販売中だ。

【関連サイト】

【取材協力】



カテゴリートップへ


MSIファンなら買っておきたいあのドラゴンのPCケース

Cooler Master「MasterCase Maker 5 MSI Edition」、「MasterBox 5 MSI Edition」

2017年10月12日 23時35分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

 Cooler MasterとMSIのコラボレーションにより誕生したミドルタワーPCケース「MasterCase Maker 5 MSI Edition」と「MasterBox 5 MSI Edition」の販売がスタートした。



Cooler MasterとMSIのコラボレーションにより誕生したミドルタワーPCケース

 いずれも、Cooler Master製PCケースをベースに、フロントやサイドパネルにMSIのドラゴンエンブレムをモチーフにしたオリジナルデザインを採用するのが特徴。8月には、マザーボードとビデオカードがセットになった「ドラゴンKIT」が販売されていたが、ケース単体の販売を確認したのは初めて。

「MasterCase Maker 5」をベースとした「MasterCase Maker 5 MSI Edition」

 「MasterCase Maker 5 MSI Edition」は、「MasterCase Maker 5」をベースとしたハイエンドモデル。基本スペックはそのままに、フロントI/OパネルはHDMIポートとUSB 3.0ポートを搭載。VRマシンに最適な仕様へアップグレードされている。



フロントI/OパネルはHDMIポートを実装し、VRマシンに最適な仕様へアップグレードされた

 「MasterBox 5 MSI Edition」は、「MasterBox 5」をベースとしたエントリーモデル。新たに電源カバーを備えたほか、トップパネルがメッシュ仕様ではない、5インチベイおよびフロントの120mmファンが省略された、3.5/2.5インチドライブケージが1基(「MasterBox 5」は2基)になったなどスペックが異なっている。

「MasterBox 5」をベースとした「MasterBox 5 MSI Edition」



「MasterBox 5」とは仕様が異なるので注意しよう

 価格は「MasterCase Maker 5 MSI Edition」が3万8664円、「MasterBox 5 MSI Edition」が1万4904円。パソコンショップアークやTSUKUMO eX.で販売中だ。

【関連サイト】

【取材協力】



カテゴリートップへ


3D eTLC NAND採用のMicron純正SSDが入荷

Micron「MTFDDAK240TCB-1AR1ZABYY」、「MTFDDAK480TCB-1AR1ZABYY」、「MTFDDAK960TCB-1AR1ZABYY」、「MTFDDAK1Y9TCB-1AR1ZABYY」、「MTFDDAK3Y8TCB-1AR1ZABYY」

2017年10月12日 23時12分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

 Micronから、エンタープライズ向けの2.5インチSSD「5100 PRO」シリーズが登場。オリオスペックで販売がスタートしている。



エンタープライズ向けの2.5インチSSD「5100 PRO」シリーズ。Micron純正のSSDだ

 「5100 PRO」シリーズは、Micron製3D eTLC NANDを採用する7mm厚の2.5インチSSD。「5100」シリーズには、「5100 ECO」「5100 PRO」「5100 MAX」の3モデルが用意されるが、「5100 PRO」は電子取引やデータベースなど、応答速度を重視した低レイテンシーモデルとされる。

筺体はブルーカラー。Micron製3D eTLC NANDを採用する

 登場したのは、容量240GBの「MTFDDAK240TCB-1AR1ZABYY」と480GBの「MTFDDAK480TCB-1AR1ZABYY」。さらに上位の960GB「MTFDDAK960TCB-1AR1ZABYY」、1.9TB「MTFDDAK1Y9TCB-1AR1ZABYY」、3.8TB「MTFDDAK3Y8TCB-1AR1ZABYY」については納期1週間ほどで受注受付中だ。



最大で3.8TBモデルまでラインナップ。ちなみに価格は30万240円なり

 なお、「MTFDDAK480TCB-1AR1ZABYY」の転送速度はシーケンシャルリード540MB/sec、同ライト410MB/sec(240GBモデルは250MB/sec)、ランダムリードが最大9万3000IOPS(240GBモデルは7万8000IOPS)、同ライトが最大4万3000IOPS(240GBモデルは2万6000IOPS)。

 価格は240GBの「MTFDDAK240TCB-1AR1ZABYY」が2万5704円、480GBの「MTFDDAK480TCB-1AR1ZABYY」が4万6224円。

【関連サイト】

【取材協力】



カテゴリートップへ


人気ゲーミングヘッドセット「Arctis 3」に限定カラー

SteelSeries「Arctis 3 Limited Edition Colors」

2017年10月12日 22時54分更新

文● 山県 編集●北村/ASCII.jp

 SteelSeries製ゲーミングヘッドセット「Arctis 3」の限定カラー「Arctis 3 Limited Edition Colors」が登場。今日12日から販売がスタートしている。



「Arctis 3」の限定カラー「Arctis 3 Limited Edition Colors」。限定販売となるためなくなり次第終了となる

 「Arctis 3 Limited Edition Colors」は、SteelSeries製ゲーミングヘッドセット「Arctis 3」の限定バージョン。既存のブラックとホワイトに続き、レッド、ブルー、グレーの3色が追加された。

TSUKUMO eX.ではレッドモデルを展示中

 40mm口径の高音質ネオジムドライバー「S1 オーディオドライバー」を採用するほか、7.1chバーチャルサラウンドに対応。マイクには独自の双指向性ノイズキャンセリングマイク「ClearCast」を搭載。バックグラウンドノイズを効果的に取り除き、クリアなボイスチャットを可能とした。



既存のブラックとホワイトに続き、レッド、ブルー、グレーの3色が追加

 インターフェイスは3.5mmプラグを使用するアナログ接続。スキーゴーグルサスペンションやオートアジャスト ヒンジドハンガーデザイン、AirWeave イヤークッションなどを採用する点も従来通りだ。



基本スペックは「Arctis 3」と変わらず。限定版につき価格は約2000円ほど高い

 価格は1万497円。パソコンショップアークやツクモパソコン本店、ツクモDOS/Vパソコン館、TSUKUMO eX.で販売中だ。

【関連サイト】

【取材協力】



カテゴリートップへ


Mini-ITXで女子モテPC自作! 10/21は大阪・枚方でジサトラ流ハロウィン【デジデジ90】

パソコン工房 枚方からニコ生放送

 どもどもジサトライッペイです。夏が終わり、急に気温が下がりましたね。みなさま、体調を崩れさたりしてませんか? 僕は「この冬は痩せてモテまくろう」と思い立ちランニングを始めたんですが、早速がっつり風邪をひいてしまいました。そんな中、末の妹が年内結婚宣言をかますなど、凹むことばかりの毎日です。

 さて、2017年のジサトラ出張放送第4回目となる枚方編のお知らせです。10/21(土)、大阪府枚方市の国道1号線枚方バイパス池之宮北交差点にある「パソコン工房 枚方店」にて生放送を行ないます。時間は15時からおなじみの3時間でお届けする予定です。今回のテーマはずばり、「モテ自作」です。

2017年はそもそも「モテる自作」がテーマだった

 モテ自作と聞いてポカンとされた方。2017年初頭、ジサトラのボスことカクッチさんの所信表明を思い出してください。どうしても思い出せない方は下記のYouTube動画(52分頃)をご覧ください。

 はい。言ってますね。確実に言ってます。「2017年はモテる自作」だとはっきり宣言しております。しかし、我々は3月に愛知県・豊田市でOC&女子が好きであろう光り物PC自作を行ない、6月には福岡で経済力がモノを言うSLI自作をかまし、さらに8月には福島では最強の「ますらお」であるところの10コア自作までやったのに、いまだモテておりません。

 それはなぜか。僕が思うに、まだまだ女子についてのリサーチが不完全だったからではないかと思うんですよ。

 振り返ってみると、3月はオーバークロックとか向こう見ずなワイルドさを演出しましたが、10代ならいざ知らず20代以上の大人の女性は無鉄砲よりも「安定」を選ぶもの。6月はGeForce GTX 1080 Tiという1本10万円以上もする高級グラボを2本も使いましたが、それではただの成金趣味に見えてしまったのかもしれません。8月は10コアCPU「Core i9-7900X」で漢らしさを果敢にアピールしましたが、物理2コアのMacBookを使っている女子にとっては嫌味が過ぎたのかもしれません……。

 というわけで、今回は事前に女子の好きなものをGoogleで徹底リサーチしました。その結果、いまどき女子は以下の事柄にめっぽう弱いということがわかりました。

★女子が好きなもの(イッペイ調べ)
1)小さくてかわいい
2)キラキラしている
3)オリジナリティー

 おそらくこの3点を満たしていれば、自然とモテてくるはず。というわけで今回はMini-ITX(=小さくかわいい)でライトアップPC(=キラキラしている)を自作(オリジナル)しようと思ったわけです。どうですか、この完璧なプラン。興味が出てきましたでしょ? というわけで以下、放送概要です。

■放送日時
2017年10月21日(土)15~18時(14時20分開場)

■放送会場
パソコン工房 枚方店
(〒573-0005 大阪府枚方市池之宮1-2-12)

■出演
ジサトライッペイ(バイトリーダー)
https://twitter.com/jisatora_ippei

ジサトラ全国出張

ジサトラ見習いつばさ(MC)
https://twitter.com/tsubasa_desu

ジサトラ全国出張

ジサトラショータ(フレッシュスムージー)
https://twitter.com/Shotam_A_J

ジサトラ全国出張

 また、当日は観覧無料ですのでお近くの方はぜひパソコン工房 枚方店にぜひいらしてください。出演は僕、つばさ、ショータのいつもの3人です。特につばさは女子なので、リアルタイムで女子にモテる知識を披露してくれるはず。みなさま、聞き逃し厳禁ですぞ~。

■関連サイト
ジサトラ全国出張シリーズ
パソコン工房 枚方店



カテゴリートップへ